西国番外札所 豊山 法起院 コース・参拝所要時間・御朱印

【読み方:ぶざん ほうきいん】奈良県桜井市 寺

 今回は、法起院についてブログりたいと思います。西国三十三所の番外札所です。以下に示す行程の行先になります。

 長谷寺へ向かう途中の道沿いにあります。少し奥まって山門がありますので、道沿いのお店などに気を取られていると過ぎ去ってしまいそうになります。そのせいか長谷寺には多くの人が参拝しているのに、こちらの法起院には参拝せずに帰られている方が多いように見受けられました。

 こちらの番外札所は3つある中で1番参拝しやすい番外札所だと思いますので三十三所巡礼されている方はぜひ忘れずに参拝していただければと思います。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.5.17)

     大阪    ⇒ 三輪    JR
  9:40 三輪    ⇒ 大神神社  徒歩
  9:50 大神神社
10:05 大神神社  ⇒ 狭井神社  徒歩
10:10 狭井神社
11:00 狭井神社  ⇒ 久延彦神社 徒歩
11:05 久延彦神社
11:15 久延彦神社 ⇒ 三輪 徒歩
12:03 三輪    ⇒ 長谷寺   JR,近鉄電車

12:19 長谷寺法起院    今回の記事

13:10 法起院   ⇒ 長谷寺   徒歩
13:20 長谷寺   ⇒ 大阪    近鉄電車

 

スケジュール・行程・コース(H30.12.2)

    大阪     ⇒ 橿原神宮前 近鉄電車
  9:36 橿原神宮前  ⇒ 岡寺前   奈良交通バス
10:05 龍蓋寺(岡寺)
10:59 岡寺前    ⇒ 橿原神宮前 奈良交通バス
10:15 橿原神宮前  ⇒ 長谷寺
12:20 昼食(長谷路)

13:10 長谷寺法起院      今回の記事

15:01 長谷寺     ⇒ 大阪

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  徳道上人(とくどうしょうにん)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  近鉄電車 長谷寺から徒歩12分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  10分ぐらい。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  失念しました。
〇境内図

法起院

 山門をくぐると境内はさほど広くはなく、すぐに本堂が目の前に現れます。徳道上人が晩年に住まわれたお寺でもありましたので質素な境内となっております。ちなみに徳道上人は、三十三所の観音菩薩霊場を草創されたお方です。

 本堂向かって右手には寺務所があり、左手には奥へと広がっています。行ってみると十三重の石塔があり、石塔を囲んで三十三所のお砂踏み場が設けられています。十三重の石塔は、徳道上人の霊廟となっております。その周りにご自身が草創された観音霊場のお砂踏み場が設けられているところが、工夫を凝らされていると感じました。

 その十三重の石塔の霊廟の左手奥の片隅に、多羅葉樹の木が植えられています。この木は、葉書の由来となった木とのことです。まさに読んで字のごとく葉の裏にとがったもので書くとその書いたものが現れるようになっています。こういった性質から葉書の文字が使われたのかと知ることができます。そして、この葉に願い事を書くと願いが叶うと言われています。 実際のところ、ほとんどの葉には願い事がすでに書き込まれており、書くスペースはありませんでした。葉が生え変わった頃に再チャレンジしたいです。

御朱印、御詠歌

法起院 御朱印 開山堂
法起院 御朱印 開山堂
法起院 御朱印 開山堂
法起院 御朱印 開山堂
法起院 御詠歌
法起院 御詠歌

コメント