西国番外札所 華頂山 元慶寺 コース・参拝所要時間・御朱印

【読み方:かちょうざん がんけいじ】京都府京都市 寺

 今回は、元慶寺についてブログりたいと思います。西国三十三所の番外札所です。以下に示す行程の4つ目の行先になります。

 こちらの番外札所はアクセスが不便です。以下の行程を見ていただくと分かるかと思いますが、巡礼の流れで訪れるとするとコース取りが難しかったです。バスを駆使すれば参拝しやすいかと思いますが、私はバスの乗車が少し苦手で路線やバス停名がなかなかピンとこなくて、いつもコース組みに苦労します。

 バス停と駅からもそこそこ歩くのと住宅街を歩いて行くので、案内表示がないのでしっかりと地図を見ていく必要があります。今では、スマートフォンのGPSを使えば簡単に行けるかと思いますが、私はGPSを使わずに行っているのでいつも地図とにらめっこしています。

 京都市営地下鉄の最寄りと言えど、道が直線的でなく回っていくような形になっているため、結構歩くことになるかと思います。しかもバス停からと同様で住宅街であるため目印を見つけることも難しいのでたどり着くのに一苦労するかと思います。

 車で行くとしてもどこか外れたところに停めていかないないとお寺前の道はかなり細いのでそのあたりも考慮が必要かと思います。これらの条件を踏まえると、違った意味での難所の1つかと思います。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H30.12.9)

    大阪    ⇒ 奈良   JR
  8:58 奈良    ⇒ 南円堂  徒歩
  9:15 興福寺南円堂
  9:25 南円堂  ⇒ 奈良   徒歩
  9:53 奈良   ⇒ 宇治   JR
10:45 宇治     ⇒ 三室戸  京阪バス
10:56 三室戸  ⇒ 三室戸寺 徒歩
11:20 三室戸寺
12:00 三室戸  ⇒ 六地蔵  京阪電車 
12:11 六地蔵  ⇒ 醍醐寺前 京阪バス
12:30 醍醐寺
14:01 醍醐寺前 ⇒ 川田道  京阪バス
14:25 川田道  ⇒ 元慶寺  徒歩

14:30 元慶寺     今回の記事

14:50 元慶寺  ⇒ 御陵   徒歩
15:16 御陵   ⇒ 大阪   京都市営地下鉄

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  京阪バス 川田道から徒歩6分ほど
  京都市営地下鉄 御陵から徒歩18分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  
5分ぐらい。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  なしだったかと・・・
〇境内図

元慶寺

楼門
楼門

 下が中国風、上が和風の建物が合体したかのような珍しい楼門をくぐると境内になります。根来寺に似たような楼門だと思いました。境内は一目でぱっと見渡せるほどのこじんまりとした広さです。

 楼門を入ってすぐの左手に本堂があり、少し向こうの正面に寺務所があります。寺務所から正面に見られている感じがして、参拝するのも緊張してしまいました。 

 花山法皇がこちらで出家されたので番外札所となっているそうです。

御朱印、御詠歌

元慶寺 御朱印 花山法皇
元慶寺 御朱印 花山法皇
元慶寺 御詠歌
元慶寺 御詠歌

コメント