西国二十九番札所 青葉山 松尾寺 コース・参拝所要時間・御朱印

松尾寺
松尾寺

【読み方:あおばさん まつのおでら】京都府舞鶴市 寺

今回は、松尾寺についてブログりたいと思います。西国三十三所の二十九番札所です。以下に示す行程の行先になります。

 とにかく歩く、という覚悟をもって臨みました。そのため、宿泊も東舞鶴になるように行程を組みました。できれば宮津辺りの温泉宿に泊まりたいという思いがありましたが、時間的にゆとりを持つことを優先しました。着いた日に東舞鶴駅でバス乗り場と時刻を確認し準備万端で臨みました。

 バスに乗り込み、松尾寺口のバス停を見逃さないよう注意しながら初めて見る景色を楽しんでいました。松尾寺口で降りて少し戸惑いました。想像では山道だと思っていたのですが、整備された車道だったのと、どこへ進めばいいかわからなかったからです。周囲をよく見まわしてみると案内を見つけることができたので、それを頼りに不安になりながらも進みました。

 途中、分かれ道があってどちらに進むか迷ったのですが、人通りが全くない中たまたま通りがかった地元の人がいたので聞くことができました。途中、絶景を眺めたりしながら、そんなこんなで道なりに進んでいくとようやく松尾寺へと続く階段下に到着しました。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(R1.7.24)

●1日目
    大阪    ⇒ 天橋立     京都丹後鉄道
11:11 天橋立   ⇒ 天橋立桟橋   徒歩
11:18 天橋立桟橋 ⇒ 一の宮桟橋   フェリー
11:30 一の宮桟橋 ⇒ 府中駅     徒歩
11:36 府中駅   ⇒ 傘松駅     リフト
12:00 傘松駅   ⇒ 山門前     登山バス
12:06 成相寺
13:10 成相寺   ⇒ 傘松駅⇒府中駅 バス+リフト
13:25 府中駅   ⇒ 眞名井神社   徒歩
13:31 眞名井神社
13:41 眞名井神社 ⇒ 籠神社     徒歩
13:47 籠神社
13:53 籠神社   ⇒ 一の宮桟橋   徒歩
14:00 一の宮桟橋 ⇒ 天橋立桟橋   フェリー
14:11 智恩寺
14:35 昼食
15:22 天橋立   ⇒ 東舞鶴     京都丹後鉄道

●2日目
  8:45 東舞鶴   ⇒ 松尾寺口  京都交通バス
  9:01 松尾寺口  ⇒ 松尾寺   徒歩

  9:27 松尾寺      今回の記事

10:00 松尾寺   ⇒ 松尾寺駅  徒歩
11:13 松尾寺   ⇒ 近江今津  JR
14:03 近江今津  ⇒ 近江今津港 徒歩
14:20 近江今津港 ⇒ 竹生島   フェリー
14:45 宝厳寺
15:50 竹生島   ⇒ 長浜港   フェリー
16:20 長浜港   ⇒ 長浜    徒歩
16:57 長浜    ⇒ 大阪    JR

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  馬頭観世音菩薩(ばとうかんぜおんぼさつ)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  京都交通バス 松尾寺口から徒歩30分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  20分ぐらい(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり 2種類2000円、3000円
  サイズ:小判(約16cm×11cm)
〇境内図

松尾寺

仁王門
仁王門

 夏の最中の平日だったせいか人影は全くと言っていいほどありませんでした。階段を上がると仁王門が見えてきます。仁王門の仁王像はどちらかに陳出されているみたいで写真のみがありました。

 仁王門をくぐると右手に宝物館がありました。開館時期は限られているそうで、この日は閉館でした。さらに階段を上がるとようやく境内に到着しました。

 上がってまっすぐに進むと本堂があり、上がりきった所のすぐ右手に手水舎があり、続いて大きな鐘楼がありました。その横には大きな銀杏の木が青々しく緑の深みを出していました。

香炉
香炉
本堂
本堂

 本堂前には立派な香炉があり、お線香を供しました。そして、本堂に入って参拝しました。ご本尊は厨子の中にいて拝むことはできませんでしたが、五色の結縁紐がつなげられており、五鈷杵に結ばれていましたので結縁紐に触れて静かにお祈りしました。御前立が祀られていましたので、ご本尊の姿に重ね合わせました。

 本堂内に授与所があり、散華台帳をそろそろ買わないと、と思い見ていたらちょうど良い感じのものがありましたので、頂戴しました(600円)。その際いろいろとお話を伺いましたが、こちらのご住職は徒歩巡礼をなさっていたそうでそれに伴う書籍を多く執筆されているとのことでした。そして、徒歩巡礼の途中に参加した人のためにご自身は満願していても付き添ったりしたので、都合5回巡礼なさったそうです。ここまで私自身巡礼しましたが、主に公共交通機関を利用して回っただけでもまずまずの大変さがあると感じていたので、それを徒歩巡礼されるというのは途方もない胆力が必要だと驚嘆しました。

 納経所は別の建物だそうですので、本堂を後にして、時間も十分にあったので心霊閣や地蔵堂といったお堂に参拝し、境内を一通り回ってから行きました。こちらでも話しかけていただいて、果物を勧めてくださったりしてもらいました。そして、次は成相寺ですかと問われたので、昨日参拝が済んでこれから、竹生島の宝厳寺に行きますと答えました。すると、フェリーの割引券があるからと言って、くださいました。大変ありがたくちょうだいして、松尾寺駅へと来た道を戻っていきました。

 松尾寺口のバス停から松尾寺駅までの道のりが意外と長く、途中でまだ着かないのかと少しへたってしまいました。バスは、絶対に松尾寺駅ではなく松尾寺口で降りるのがベストだと思いました。

巡礼スイーツ

販売されていなかったので購入していません。

御朱印、御詠歌、散華

松尾寺 御朱印 馬頭尊
松尾寺 御朱印 馬頭尊
松尾寺 御詠歌
松尾寺 御詠歌
松尾寺 散華
松尾寺 散華

コメント

  1. かむらこうじ より:

    舗装された道の方を歩かれたのですか?

  2. かむらこうじ より:

    松尾寺口からの徒歩で途中の分かれ道は歩道に沿って行かれたのですか?

    • こうろ より:

      コメントありがとうございます。
      写メにある舗装された道を歩いて行きます。
      分かれていてちょっと迷ったのですが、舗装された道をそのまま進むと松尾寺の階段下に到着します。