西国二十三番札所 応頂山 勝尾寺 コース・参拝所要時間・御朱印

勝尾寺
勝尾寺

【読み方:おうちょうざん かつおうじ】大阪府箕面市 寺

 今回は、勝尾寺についてブログりたいと思います。西国三十三所の二十三番札所です。以下に示す行程の1つ目の行先になります。

 アクセスはバスのみになるかと思います。最寄駅からの徒歩というのはかなり大変かと思います。少し箕面の滝から徒歩で行こうかとも思ったのですが、無理があるかなと思い断念しました。箕面の滝の途中で勝尾寺の看板を見かけたので行けるのかなと思っていたのですが、地図を見ると滝までの距離ぐらいはありそうでした。さらに高低差もあると考えるとかなりの大変さだと思います。滝まで行くのも遠いなと感じていたのでなおさらです。

 ということで素直にバスで行くとバス停から目の前に勝尾寺がありました。バスは休日でしたが座席いっぱいほどの人がいましたので、日によっては座れない可能性もあると思います。30分ほど乗るので辛い方は早めに行って並ぶのが良いと思います。

 後、依然述べましたが総持寺を入れるとなると結構タイトになるかもしれません。ですが、帰りが遅くなっても良いということでしたら、一般的な閉門時刻である17:00までには参拝でききるかと思います。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(R1.7.14)

    大阪   ⇒ 千里中央 大阪メトロ
  9:55 千里中央 ⇒ 勝尾寺  阪急バス

10:28 勝尾寺   今回の記事

11:31 勝尾寺  ⇒ 千里中央 阪急バス
12:00 昼食
13:16 千里中央 ⇒ 中山寺  阪急電車
13:47 中山寺  ⇒ 中山寺  徒歩
13:50 中山寺
14:30 中山寺  ⇒ 中山寺  阪急電車
14:45 中山寺  ⇒ 梅田   阪急電車
16:02 梅田   ⇒ 太融寺  徒歩
16:08 太融寺
16:25 太融寺  ⇒ 梅田
    梅田   ⇒ 大阪

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  十一面千手観世音菩薩
 (じゅういちめんせんじゅかんぜおんぼさつ)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  阪急バス 勝尾寺から徒歩1分  
〇拝観料
  400円
○参拝所要時間
  50分ぐらい。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり 2種類 1100円
  サイズ:小判(約16cm×11cm)
〇境内図

勝尾寺

 この日は天候があまり良くなかったのですが、参拝する際には雨が止んでいて良かったです。雨のせいか霧がかかっており山深いお寺の雰囲気が一層増していました。仁王門を過ぎると大変広い放生池が横たわっていました。橋が渡されていて横には噴水が勢いよく立ち上っていました。この噴水で霧が一層かかっていたみたいです。渡りきってそのまま階段をまっすぐ上っていくと本堂へと続いて行きます。右手に行くとスロープになっていて、遠回りとなりますが本堂へと続きます。

 階段を上がりきると広場となっており、正面に一願不動尊が祀られており、その左手に勝尾寺の象徴ともいえる赤ダルマが所狭しと並べられていました。また、これとは別に境内には、おみくじ用なのか、だるま落としのてっぺんのようなだるまがあちらこちらに置かれていました。

本堂
本堂

 お経がスピーカーで流されており、その中を進んでいくと本堂が見えてきます。ご本尊は拝見できませんでしたが、結縁紐が渡されていたので握りながら参拝しました。

鐘楼
鐘楼

 本堂前は一方通行のように順路が分けられていましたのそのまま行くと鐘楼があります。こちらは衝くことができますので、一帯に響くよう手を合わせて衝きました。その後ろ手に納経所がありますのでこちらで御朱印をいただきました。

 そのまま順路が示されていますので進んでいくと多宝塔があり、そのまま進むと先ほどの広場へと戻ります。そのまま階段を下っていき、知恵の環をぐるぐると周り、放生池の鯉に餌をやって売店を通って境内を出るといった感じでした。あっさりと帰った感じですが、バスの時間の都合で二階堂へは行かず早めに周っています。

放生池
放生池

 余裕がある方でしたら1本バスを飛ばして、それぞれの場所でゆったりと過ごしながら、最後は放生池が見渡せる売店兼軽食店でゆっくりされるのもいいかと思います。鯉の餌やりは、すごい数の鯉が寄ってきますのですさまじく、眺めているだけで時間があっという間に過ぎていきそうです。また、売店は商品の品ぞろえが多く色々とみているだけでも時間がいつの間にやら経ってしまうといった感じです。改めて、参拝者の数が多いお寺なのだと実感しました。

巡礼スイーツ

 勝ちグミ(120円)と勝ちだるまチョコクランチ(580円)を購入しました。

 グミについては湖池屋さんとのコラボ商品みたいです。目を凝らしてよく見るとだるまの柄がデザインされています。味の方はいたって普通のグミと同じに感じました。

 勝ちだるまチョコクランチは半球の形をしており、一般的なチョコクランチと同様で、こちらも美味しくいただきました。箕面の滝と同じようにもみじの天ぷらも販売されていて迷いましたが、今回はこの組み合わせをいただきました。

御朱印、御詠歌、散華

勝尾寺 御朱印 大悲殿
勝尾寺 御朱印 大悲殿
勝尾寺 御詠歌
勝尾寺 御詠歌
勝尾寺 散華
勝尾寺 散華

コメント