西国一番札所 那智山 青岸渡寺 コース・参拝所要時間・御朱印

青岸渡寺ではありません・・・三重塔と瀧です

【読み方:なちさん せいがんとじ】和歌山県東牟婁郡 寺

 今回は、青岸渡寺についてブログりたいと思います。西国三十三所の一番札所です。以下に示す行程の2日目3つ目の行先になります。

 熊野那智大社から参拝道?に沿って進んでいくといつの間にやら目の前に現れます。どこからどこまでが境内かよくわかりませんでした。途中に大黒堂や定番の三重塔と滝の撮影スポットもあり、大黒堂のそばには那智黒ソフトのお土産屋さんもあり、ぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。大黒堂は中がきらびやかな綺麗な堂内で上からたくさんの提灯がぶら下がっており、非日常の空間を味わうことができると思います。

 青岸渡寺から下に向かって少し急な石階段を下っていくと飛瀧神社へと続いていきます。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H30.11.10~11)

●1日目
      大阪    ⇒ 紀伊田辺 JR
10:15 田辺    ⇒ 本宮大社前 明光バス
12:00 熊野本宮大社、大斎原
13:20 本宮大社前 ⇒ 権現前 熊野交通バス
14:30 熊野速玉神社
14:40 熊野速玉神社⇒ 神倉神社 徒歩
14:50 神倉神社
15:10 神倉神社  ⇒ 新宮   徒歩
15:30 新宮    ⇒ 紀伊勝浦 JR
15:57 紀伊勝浦  ⇒ ホテルレンタカー660
16:00 チェックイン

●2日目
 8:10 チェックアウト
 8:23 紀伊勝浦 ⇒ 那智    JR
 8:27 那智   ⇒ 補陀洛山寺 徒歩
 8:30 補陀洛山寺
 9:03 那智   ⇒ 大門坂駐車場 明光バス
 9:20 大門坂
 9:50 熊野那智大社(次へ徒歩3分)

10:00 青岸渡寺(次へ徒歩7分) 今回の記事

10:30 飛瀧神社、那智の滝(次へ徒歩1分)
11:06 那智の滝前⇒ 紀伊勝浦  明光バス
12:00 昼食
13:05 紀伊勝浦 ⇒ 大阪

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  如意輪観世音菩薩(にょいりんかんぜおんぼさつ)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  熊野交通バス 那智山 徒歩15分
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  10分ぐらい。(御朱印待ち時間は除く)
  (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり
  サイズ:大判(約18cm×12cm)タイプ。
〇境内図

青岸渡寺

 本堂は改修工事中だったため外観を拝見することは叶いませんでした。写真で見ることができる綺麗な黄土色の屋根を見てみたかったです。本堂内は人がひしめき合うほどの多さで驚きました。また、御朱印待ちの列もかなりありました。

 如意輪観世音菩薩のご開帳はなされていませんでしたが、厨子を眺めて参拝しました。人が多すぎて少し落ち着きませんでしたが、やはり世界遺産の熊野霊場との兼ね合いでしょうか、多くの人が参拝するということは良いことでもあるとは思うので仕方がないです。

スタンプラリー台紙
スタンプラリー台紙
スタンプラリー台紙 裏

スタンプラリー台紙 裏

 参拝時には巡礼イベントがなされていましたので参加しました。3つ集めると手拭いがいただけました。イベントは終了していますが、また新しいイベントがあるかもしれませんので要チェックです!

御朱印、御詠歌、散華

青岸渡寺 御朱印 普照殿
青岸渡寺 御朱印 普照殿
青岸渡寺 御詠歌
青岸渡寺 御詠歌
青岸渡寺 散華
青岸渡寺 散華

コメント