西国三十三所巡礼 ~日本遺産の地へ観音巡礼、スイーツ巡礼もしたい~

西国三十三所草創1300年シール
西国三十三所草創1300年シール

 仏閣を参拝していると、「西国三十三所 草創1300周年」というのぼりやポスターなどを目にはしていましたが特に意識もせずにいました。

 ですが、あまりも見かけるのと1300周年という途方もない記念の年だなということで調べてみると観音霊場を巡る参拝のことで長谷寺の徳道上人が閻魔大王のすすめにより設けられたとのことです。ですが、時が経ちいつしか埋もれてしまっていました。

 そして、花山天皇が再興され、世に広まり今にいたるということです。

 2018年に1300周年を迎えるとのことで、2017年~事業終了まで特別御朱印をいただけるそうです。特別御朱印を頂戴できるのは魅力的ですが、和歌山県、大阪府、奈良県、京都府、兵庫県、滋賀県に渡る広大な範囲に設けられた観音霊場三十三所を巡るのは厳しいと思ってためらっていました。ですが、自身の環境の変化により巡礼を決意し始めるにいたりました。

 せっかくなので、各札所におけるおすすめスイーツも食べていますので併せてご紹介したいと思います。初期の頃は写真も撮っていないので感想だけになりますのでご容赦ください。

 2019年5月20日の報道によると西国三十三所が日本遺産に選ばれました!おめでとうございます!より西国巡礼が熱を帯びてきて多くの人が訪れるようになるかもしれません。私もようやく半分を越えています。残りは結構困難さを伴いますがめげずに今年中の結願を目指して巡礼したいと思います。

  1番札所 那智山  青岸渡寺

  2番札所 紀三井山 金剛宝寺(紀三井寺)

  3番札所 風猛山  粉河寺

  4番札所 槙尾山  施福寺

  5番札所 紫雲山  葛井寺

  6番札所 壷阪山  南法華寺(壷阪寺)

  7番札所 東光山  岡寺(龍蓋寺)

  8番札所 豊山   長谷寺

  9番札所  ああ    興福寺 南円堂

 10番札所 明星山  三室戸寺

 11番札所 深雪山  上醍醐 准胝堂

 12番札所 岩間山  正法寺ああ

 13番札所 石光山  石山寺ああ

 14番札所 長等山  三井寺(園城寺)

 15番札所 新那智山 今熊野観音寺

 16番札所 音羽山  清水寺ああ

 17番札所 補陀落山 六波羅蜜寺

 18番札所 紫雲山  頂法寺 六角堂

 19番札所 霊麀山  行願寺 革堂

 20番札所 西山   吉峯寺ああ

 21番札所 菩提山  穴太寺ああ

 22番札所 補陀落山 総持寺ああ

 23番札所 応頂山  勝尾寺ああ

 24番札所 紫雲山  中山寺ああ

 25番札所 御嶽山  播州清水寺

 26番札所 法華山  一乗寺ああ

 27番札所 書寫山  圓教寺ああ

 28番札所 成相山  成相寺ああ

 29番札所 青葉山  松尾寺ああ

 30番札所 竹生島  宝厳寺ああ

 31番札所 姨綺耶山 長命寺ああ

 32番札所 繖山   観音正寺

 33番札所 谷汲山  華厳寺ああ

 

 番外札所  豊山   法起院

       華頂山  元慶寺

       東光山  花山院菩提寺

 番外札所は、先に述べました草創者の徳道上人や中興の祖といいましょうか花山法皇ゆかりの仏閣のことを指しています。

 西国三十三所巡礼を始めるにあたり、御朱印帳のことを考えました。今までのお寺用を使うか、専用のものを新調するかということです。やはり、西国三十三所巡礼をして見事結願した後に見返したりすることを考えたら、専用のものだろうという結論に至りました。そしてインターネットなどで調べに調べて決めたのがこちらの御朱印帳になります。

御朱印帳 左が御朱印用 右が御詠歌用
御朱印帳 左が御朱印用 右が御詠歌用

 御朱印をいただく面の横に水彩画で各札所のお堂などが描かれていて、見返した時に参拝した時のことも思い出しやすいかと思い、選びました。同じものが札所によっては販売されているのですが、今回私は1番から順番に回って行こうと思っていたので、1番札所の青岸渡寺になければ計画が幸先悪く変更になるので、楽天にて購入いたしました。

 そして、1回目なのですが御朱印と御詠歌を共に頂戴しています。1回目、2回目と分けるかどうか大変迷いましたが、近頃、人生は1度きりという思いもあり、2回目を考えていても不測の事態により参拝できなくなりでもしたら後悔するだろうと思い、両方いただくようにしています。

 仮に2回目の巡礼ができるのであれば、順打ちではなく、1寺1寺ゆっくりと参拝して、新たな御朱印帳を備えて参拝をしたいと考えています。

コメント