関空展望ホール スカイビュー

 今回は、関空展望ホール スカイビューについてブログりたいと思います。以下に示す行程の1つ目の行先になります。

 ホームページで少しだけ予備知識を入れて行きましたが、いい意味で予想を裏切られて大変満足して過ごすことができました。ラピートに乗って行きましたが、あっという間に着いたという感じです。(実際の時間も速いですが…)

 午前に着きましたが、人が少なくて先にいた人は撮影がメインの人ばかりだったのもすごくラッキーでした。遊具やミュージアムの体験は貸し切り状態で遊ぶことができました。やはり飛行機に乗る目的で来る方がほとんどで、橋を渡ってまでスカイビューに来るという方は少ないのかもしれません。

 いい陽気の中、ふと展望ホールから海の方を見たら連絡橋が目に入りました。すると、台風の時の壊れたところが残っていて急に現実に戻り、災害の怖さを改めて感じました。

壊れた連絡橋
壊れた連絡橋
現金がどんどん貯まるオンラインモール
スポンサーリンク

行程・旅程・コース(H31.1.19)

    大阪      ⇒ 関西空港   南海電車
 9:40 関西空港   ⇒ スカイビュー バス

 9:45 スカイビュー       今回の記事

13:30 スカイビュー ⇒ 関西空港   バス
13:39 関西空港   ⇒ 泉大津    南海電車
14:10 泉大津    ⇒ 泉穴師神社  徒歩
15:00 泉穴師神社  ⇒ 和泉府中   徒歩
15:45 和泉府中   ⇒ 泉井上神社  徒歩
16:05 泉井上神社  ⇒ 和泉府中   徒歩
16:18 和泉府中   ⇒ 大阪     JR

概要(住所、アクセス、所要時間)

○住所
  
大阪府泉佐野市泉州空港北1

○交通アクセス(主観なので、ガイドと違います)
 
 関西空港駅からバス停まで3分ほど、直通バスで5分ほど
  
シャトルバスは、関西空港⇔展望ホールは無料です。
  また休日にはけっこうな本
数があるので便利です。 

○所要時間
  
2時間~1日中です。
  まず、展望ホールから飛行機をのんびりと眺めて写真を
撮ったり、スカイミュージアムで色々体験したり遊んだり、お土産ショップでぶらぶらと過ごすだけで、ざっとこれぐらいの時間になるかと思います。

  私が行った時には、天気が良かったのでのんびりとしていて、気持ちが良かったのと、遊ぶ場所や体験施設もあったりするので、小さなお子さんであれば1日中過ごせるなと思います。大きいお子さんだと長いと飽きが来るかもしれません。

展望ホール

 空港に向かって、3か所の展望台がありました。レストランとかからも眺めることができるようなので屋内を含めるとさらにいくつか増えるかと思います。

 私たちが行った時には、カメラを構えた方が何人かいましたが、広々した展望ホールなので十分に飛行機を眺めることができました。東館の方がより高いところにあるのでそちらの方が人が多かったです。

 西館の4階ホールはウッドデッキがあり広々としていました。鐘がついたモニュメントがあり、いい感じの撮影スポットかもしれません。

鐘のモニュメント
鐘のモニュメント

 そして、西館5階はちょっとした遊具がありベンチやテーブルもあるのでお昼のお弁当を食べたりするのにもいいと思います。遊具の設置しているところはクッションが敷かれており、お子さんにとって優しい設計かと思います。

5階 遊具
5階 遊具

 とにもかくにも1番のおすすめポイントは飛行機がほんとに真近に感じられることです。こちらの方に向かって飛んでいく飛行機の迫力はそこそこのものがありました。

スカイミュージアム

 西館の3階にある施設で、階段から行くと、え!?ここからでいいの?と戸惑ってしまうほどひっそりとした施設でした。中に入ると中々楽しめる施設だと思いますがギャップに驚きました。色々ある施設を紹介したいと思います。

見る

 関西空港のジオラマセットがあったり、空港島の造成の様子を示した展示があってなるほどと学ぶことができます。
 また、実際の飛行機のシートが何台か並んでいる場所があり、避難訓練の様子を流していたりした学習展示もありました。

体験

管制塔シュミレーション 
 説明書きやレクチャーもなく、スタートするといきなり始まるので最初は戸惑う体
験かもしれません。
 
1台のモニターで、マウス1つで画面を切り替えながら数機の飛行機の離発着などの指示を行って、空港の交通整理を行うという体験でした・・・と思います。これでいいだろうなと分からずにやっていたので自信がないです…。
 これは小さなお子さんには難しいかなと思います。小学生のお子さんには「?」という感じで説明してあげないといけないかもしれません。

実物大コクピットでの操縦シュミレーション 
 これが1番お子さんが喜ぶ体験ではないかと思います。操縦席が2つあり、片側の
操縦席でのみ操作が可能です。そのため、親御さんが操縦席、お子さんがもう1席に座って体験をするといいと思います。お子さんが自由に操作してもシュミレーションには影響がないので、ストレスなく楽しめると思います。1回7分くらいかなと思います。
 
離陸と着陸の選択をすると、レクチャーが始まりますのでわかりやすいです。ただ、操作の際の反応が鈍っているような感じがしました。着陸は結構難しく感じました。

マーシャリング体験(飛行機を旗で誘導する体験)
 誘導する係の人の旗を2本の赤いレバーを動かして上手く飛行機を駐車させる体
験ゲームでした。1回に3分ほどくらいのゲームで、これは単純な操作でできるので1番簡単かと思います。

トーイングカー体験(車で飛行機を移動させる体験) 
 これが1番難しい体験ゲームかと思います。1回に7分くらいかかります。アクセ
ルブレーキがあるのですが、前進・後進の切り替えの説明が見当たらず(単に見つけられなかっただけかもしれませんが…)、自力で切り替え方を探り当てました。
 
それでもバランスやスピード加減などが難しく、大人でもなかなか成功しないくらいの難易度だと思います。

遊ぶ

キッズルーム
 ガラス張りの部屋の中に、DVDが流れていたりレンガ程の大きさのレゴブロックのようなもので遊ぶスペースがあったり、中が2階建てになっている飛行機の遊具 がありました。

キッズルーム
キッズルーム

その他

 お昼ご飯は、建物内の東館のレストランは眺めが良くても高いかなと思い、お弁当を持っていきましたが、西館のフードコートのような場所ではリーズナブルな値段でメニューも豊富にあったように思います。こちらで食べても良かったかなと思いました。
 ですが、西館の5階でおだやかな天気の下で飛行機を眺めながらお弁当というのも良かったです。

 お土産のショップは色々と販売があって、行った際の記念に買ったりするのにいい 感じだと思います。

 今回は申し込みませんでしたが、バックヤードツアーのようなものがあるようですので小学生くらいのお子さんや飛行機に興味がある方は体験してみるのもいいのではないかと思います。そんなにお値段も高額ではなかったと思います(詳細はホームページでご確認ください)。


 

コメント