リニア・鉄道館 行ってきました

あおなみ線からのリニア・鉄道館
あおなみ線からのリニア・鉄道館

 今回は、リニア・鉄道館についてブログりたいと思います。以下に示す行程の2日目の行先になります。

 名古屋への1泊2日旅行のメイン目的地です。色々と下調べをして行ったのですが、やはり行ってみて初めて分かるということが多かったです。でも、下調べをしていったのである程度は見通しが立てることができていたので何もしないよりは断然いいです。

 この日は金城ふ頭で音楽フェスがあったようで名古屋からのあおなみ線の混雑具合がすさまじかったです。天候は雨が軽く降っていたりしたので、外はそこそこ寒いのに電車内はジメジメとして蒸し暑いという良くないコンディションの中、立ちっぱなしで着いた途端に疲れてしまったという状況でした。

 出発時の名鉄も空席がないほどでしたし、1日目の名古屋駅周辺の混雑具合などを見ていると大阪の梅田かそれ以上の人の多さがあり、名古屋は混雑する都心だというイメージを持ちました。

 さて、ようやく駅に到着してしばらく歩いていくとほとんどの人は音楽フェスの方へ向かい、博物館への人はあまりいませんでした。これは天候が悪かったのが幸いしたのか、到着した時は10人ほど並んでいたぐらいでした。

リニア・鉄道館 入口前
リニア・鉄道館 入口前

 帰りはガラガラだったので、帰りの時間が早かったのか、普段はそんなに混んでいない路線なのかもしれません。レゴランドもこの路線なのですが、マイカーで行く方が多いのでしょうか。

 私は基本的には公共交通機関でのアクセスなので、時間通りに目的地に着くことができるというメリットと、発車時刻などに縛られるというデメリットを受け入れて行動しています。

スポンサーリンク

行程・旅程・コース(H30.12.22~23)

1日目
 8:40 新大阪⇒名古屋⇒金山⇒伝馬町 新幹線+JR
10:10 熱田神宮
10:56 伝馬町⇒ 金山⇒ 尾張一宮 JR
11:50 昼食(辰悦)
12:30 真清田神社
13:00 真清田神社 ⇒ 大神神社  タクシー
13:20 大神神社+公園
14:30 大神神社  ⇒ 名鉄一宮  徒歩
15:00 名鉄一宮  ⇒ 名鉄名古屋 名鉄
15:30 Kitte名古屋
16:13 名鉄名古屋 ⇒ 犬山遊園  名鉄
17:00 名鉄犬山ホテル

2日目
 8:21 犬山遊園⇒ 名鉄名古屋⇒ 金城ふ頭 名鉄+JR

10:00 リニア・鉄道館     今回の記事

13:46 金城ふ頭 ⇒ 名古屋 JR
15:33 名古屋  ⇒ 新大阪 新幹線

概要(住所、アクセス、所要時間)

○住所
  愛知県名古屋市港区金城ふ頭3-2-2 

○交通アクセス(※主観なので、ガイドと違います)
  
金城ふ頭駅から徒歩3分
 今
回は名鉄名古屋経由でしたが、あおなみ線が奥の方まであるので徒歩で5分はかかるイメージです。人の混み具合によっては早く歩いて行きにくいので、もう少しかかるかもしれません。

○所要時間
  
2時間~1日中 + 昼食時間です。
 
言わずもがなでゆったりのんびり楽しもうと思えば本当にずっと閉館時間まで滞在できると思います。

お得なきっぷ・割引、入館のポイント

 単体での割引切符は販売されていないみたいです。ツアーとセットやオークションなどのひと手間をかけると工夫できると思います。年間パスがあるので何度も行かれる方は検討の余地があるかもしれません。

 セットの販売のバージョンで、新幹線と合わせた割引切符は販売されているようです。今回私は新幹線を利用することに決めていましたので購入しました。金城ふ頭までの運賃も含むのでお得な切符だと思います。新幹線を使われる方はぜひ一度検討されることをおすすめします。

通常料金(大人1人)
  13,120円(新大阪~名古屋)
+  1,000円(入館料)
  14,120円

往復+入館 切符  13,550円

ざっとみて、570円ですがお得です!

 ※詳細はJR東海HPにてご確認ください。

 残念ながら、2019年3月31日で販売終了となるみたいです。
 再度販売されることを期待します。

 では、新幹線を使わない方は、じゃあ鉄道館で購入しようとなるかもしれませんが、事前切符の購入をおすすめします。
 入館時には後ろへとさらに人が増えていて、全員で40人ほどが一斉入館したイメージです。そうすると入場券購入などに時間がかかって、時間に制限がある人にとってはロスになってしまいます。

 コンビニ(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)で事前入館券の購入が可能みたいですのでおすすめします。事前にコンビニに行き忘れたとしても、金城ふ頭駅は高架駅なのですがリニア・鉄道博物館の案内に従って階段を降りるとすぐ左手にセブンイレブンのコンビニがあります。なので、買い忘れたとしてもこちらで購入することもできると思います。

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

リニア・鉄道

 ガラス戸の入り口を抜けると正面に受付窓口があります。事前入館券をお持ちの方はこちらに向かいます。まだの方については受付左に券売機があるのでそちらで購入が必要になります。

 そして、受付をすますと左に抜けていってQRコードゲートを抜けます。このコードゲートを抜けてすぐに新幹線シュミレーションや車掌体験シュミレーションの受付箱がありますので、希望される方は入れ忘れないようにしないといけません。
 1人1回の申し込みになると思いますので、あえて1回目の抽選を避けて申し込みが少なそうに回に申し込む作戦もありかもしれません。

 エントランスを抜けて中に入るとドーンとスターウォーズのような演出がやってきます。暗い室内に効果音と共に、機関車C62と新幹線X300、リニアMLX01-1が迫力満点のをお出迎えしてくれます。お子さんによっては暗い中にそこそこの音量の音楽に大きな車両3台が並んでいるので怖がってしまうかもしれません。

 そこから奥に抜けていくと広々とした展示スペースが開けます。新幹線などが所狭しと並んでいて大迫力です。車内に入ることもできるので、座席に座って実際に乗車している感覚に浸ることもできるかもしれません。
 奥にもさらに列車が並んでいるので見ごたえがあります。

見る

鉄道ジオラマ
 車両展示に向かって右側にジオラマセットのブースがあります。時間によってジオラマのライブ会場の人形が動いたり、遊園地の乗り物が動いたりといったセットの変化を楽しめます。その時は人が多いので全てを見通すのは難しいかもしれません。
 個人的におすすめなのはジオラマ展示室に向かって右側にジオラマの車両がずらっと並べられているスペースです。ベビーカー置き場にもなっていて人があまりいませんのでゆっくり見ることができると思います。

車両展示
 2階に上がると上から車両展示を見渡すことができます。絶好の撮影スポットになっています。人は少ない方かと思いますので並んだ車両を背景に記念撮影をゆっくりできるかもしれません。 

体験

リニア展示室
 こちらは、リニアのしくみなど展示があるのですが、入って左手にリニアのバーチャル乗車体験の施設があります。無料となっています。今のところリニアに乗る機会もないという方は、1度体験されるのもいいかもしれません。施設が揺れたりするのでリニアへのイメージが膨らみます。

新幹線シュミレーション
 こちらは申し込みはしませんでした。抽選でさらに当選率がかなり低そうなので申し込んでいても当選してないでしょうけど・・・。
 1回500円が別途必要です。
 車両展示に向かって右側の中ほどにブースがあります。1台しかないので抽選倍率も上がってしまうのかもしれません。体験されている様子を横から見ることはできるので興味のある方は覗いてみてもいいかもしれません。 

在来線運転シュミレーター
 こちらは、先着順になっています。並ぶ前に入口の右に券売機があるのでそちらで購入しておくことをおすすめします。8台ぐらい操作台があって空く毎に係の人が案内してくれます。
 1回100円が別途必要です。
 電車でゴーと同じような感じだと思います。結構止まるタイミングとか微妙な操作が必要となるのでなかなか難しいです。モードが3つの中から選べたと思います。選ぶ際は上級者モードにすると1番長く楽しむことができます。

在来線車掌シュミレーター
 こちらは、抽選制になっています。リニアシュミレーターよりは倍率が低いイメージがあります。こちらも申し込みはしませんでした。在来線シュミレーターの奥にあります。
 様子を見る限りは、その名の通りドアの開閉などの体験になっていると思います。 

鉄道のしくみ
 展示に向かって左側にずらっと並んでいます。パンタグラフ(実物大)の上げ下げや線路の切り替え(模型)のスイッチングや新幹線シートの展示などなどちょっとした体験がたくさんあります。
 おすすめは自分の名前を打ち込んだ切符を発行して改札に通すといった体験です。人が少ない時には何度も改札を通ったりしやすいのでお子さんも喜ぶと思います。

遊ぶ

 2階にキッズルームがあります。プラレールで遊ぶことができます。たくさんのお子さんが遊んでいました。私はせっかくここまで来たからと思いサクッと切り上げて他の展示に移りました。

 また、2階から車両展示を見て左手に工作ブースがありました。誰も工作をしていませんでした。ラッキーと思いましたが、1つ作成するのに目安として30分とか1時間とあったと思います。それを見て今回の旅程ではそこまでの時間を割くことが難しかったので見送りました。

その他

 昼食は持ち込みができるので大変良心的です。2階にはデリカステーションがあり、販売もしていますが、持ち込みの昼食を食べるための飲食コーナーもあるのでありがたいです。
 さらに外の展示車両の中で食べても良いので、私はせっかくの機会なので外の車両で食べました。展示車両では食べるときの雰囲気はいいのですが、テーブルがないので食事の時には食べづらいかもしれません。

食事可の車両
食事可の車両

 昼食を持ち込まれていると立ち寄らないかもしれませんが、興味があればデリカステーションに立ち寄ってみても良いかもしれません。お弁当やドクターイエローやリニアを模したペットボトルが販売されています。このペットボトルのお値段は、山上料金よりもお高い目といったところでしょうか。それと外に出てからのミュージアムショップには置いていませんので、欲しいと思われた方は要チェックです。

ペットボトル
ペットボトル

 訪問した日はクリスマス前ということもあり、スタンプラリーのイベントが催されていました。4か所のスタンプを押すと記念品がもらえました。1か所探すのが大変難しかったですが、探し回ってようやく押すことができました。
 いただいた記念品はメモ帳でしたので、「記念だな」と正直なところ感動は薄かったのですが、帰ってから中身を見るとパラパラ漫画になっているのを見て、感動しました。

記念 メモ帳
記念 メモ帳
記念 メモ帳2
記念 メモ帳2

 小さなお子さんは、電車が好きな子が多いと思いますので、何度行ってもあきないかと思います(大人の方は飽きと疲れが出るかもしれませんが・・・)。

 また、機会を作って行ってみたいと思います。  最後に話は変わりますが、お土産をグランドキヨスクで買おうとしたのですが、きよめ餅のノーマルが売り切れてました。ですが、新幹線改札内のお土産屋さんでは売っていてラッキーといったところですが、すでに栗が入ったお高めのきよめ餅を購入していたので断念しました。意外と改札内の方がお土産があるのかもというお話でした。

コメント