大自然阿蘇 ~火の国熊本のほんの一部~

とりあえず熊本の写真を
とりあえず熊本の写真を

 今回は、熊本旅行のことについてブログりたいと思います。

 移動については車のみとなっています。やはり土地が広いということと公共交通機関のみでの移動というのがかなりの厳しさが伴うかと思いますので、車をおすすめします。ですが、うねりのある道も多いので車酔いしやすい方は大変かもしれません。

 途中に草千里や阿蘇の火山口に立ち寄りたかったのですが、活動が活発化していたため制限がかかっていたので断念いたしました。幼い頃に火口を見たのですが、草木もない土だらけの地にエメラルドグリーンの水が溜まっており、何ともいいようがない不思議な光景だったのを記憶しています。月や他の惑星に行ったような感覚にでもなっていたのかもしれません。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.7.18~19) 

●1日目
    大阪     ⇒ 熊本   新幹線
10:50 熊本   ⇒ 黒川温泉 車
12:00 昼食
16:30 チェックイン

●2日目
9:00 黒川温泉 ⇒ 鍋ケ滝  車
9:50 鍋ケ滝
10:30 鍋ケ滝  ⇒ 小国町  車
11:00 福運三社まいり
12:00 昼食
12:40 小国町  ⇒ 阿蘇神社 車
13:30 阿蘇神社
14:00 阿蘇神社 ⇒ 白川水源 車
14:40 白川水源
15:40 白川水源 ⇒ 熊本空港 車
17:35 熊本   ⇒ 大阪   飛行機

 

○所要時間
  各行き先に時間を示していますので行かれる場所の
  合計を算出してみてください。

16:30 黒川温泉

 有名な温泉スポットです。通行手形のような湯めぐり証があって3つの温泉に入ることができたように記憶しています。今回は時間の都合上、ぶらっと温泉街を歩いて1つの温泉だけ入りました。

洞窟温泉
洞窟温泉

 洞窟温泉があったので興味があり入りました。横穴の洞窟が続いており、くぼみに浅めの温泉がたゆたんでいました。そして洞窟風呂を出てから奥の方へ進んでいくと露天風呂がありました。外国の方がいらっしゃいました。まさかの混浴でしたので入るのをやめようかためらいましたが、逆に意識するような雰囲気でもなかったので普通に入りました。温泉の向かいには温泉宿が見え人気もあまりなく自然の中でほっこり過ごすことができました。

温泉宿

 宿に戻って宿の温泉も愉しみました。大浴場も露天風呂も共に広く心身共にリフレッシュすることができました。本当にいいお宿でした。リピーターの方が多いそうですが納得のお宿でした。できることなら毎年とか行きたいくらいです。

9:50 鍋ケ滝

鍋ケ滝 裏側から
鍋ケ滝 裏側から

 マイナスイオン(見えないし実感をしているわけではないですが・・・)満載の場所なのかと思います。昔にCMで映っているのを見て頭から離れずに残っており、1度は訪れたいとずっと思っていたので願いが叶いました。

 滝へは直接行くことができないみたいで、途中にある小学校の校庭に車を駐車してからシャトルバスでのピストン輸送といった移動方法でした。バスに揺られながら道を見ていると途中かなり細い箇所がありましたので、ピストン輸送の理由が分かりました。

 ピストン輸送といいましても時刻表がありますので、人気スポットということもあり行きの際は思う時間のバスに乗れないという可能性がありますのでご注意ください。私の場合は知らずに行きましたが、たまたま時間的に良かったのか校庭に駐車してからすぐに発車するバスに乗ることができました。

 バスのロータリーに着くと入園料を支払い少し急な道を滝へと下っていきます。少し地面が濡れている感じですので足元には注意が必要です。滝が目の前に現れると草創以上に大きくてびっくりしました。迫力満点です。もちろん裏側に回って滝を眺めました。不思議なことに滝の水が一粒一粒見えているような感覚になりました。それくらい時間が緩やかに進んでいるような感覚でした。

しばらくぼーっと佇んだ後は来た道を戻ります。本当に滝を見るだけというスポットかと思います。でも、見に来るだけの価値は十分にあると思います。

11:00 福運三社まいり、阿蘇神社

 こちらから神社仏閣でご覧ください。

14:40 白川水源

 阿蘇神社から阿蘇山の裾野をぐるっと回っていくように行くと到着します。こちらは2度目の訪問ですが、相変わらずの澄んだ水が流れており阿蘇の自然の恩恵を感じます。以前よりも人が多く感じました。新幹線の開通や九州観光のPR効果が表れてきてるのでしょうか。車で行かれる方は時間によって駐車待ちをする可能性が十分にあるので注意が必要です。

水遊び
水遊び

 水の湧出口は池の中央くらいにありよく目を凝らしてみると一部揺らいで見える場所があります。そこからずっと水が湧き出ています。そのまま流れ出てた水は川となって流れていて子どもたちの遊び場となっています。夏の暑い時期は気持ちの良い水で涼やかに遊べるのでお子さんだと大変喜ぶスポットだと思います。

 そばには神社があり御朱印をと思ったのですが、お神楽が行われており聞こうにも聞けない状況だったのですが、社務所のような場所も見当たらず元々なさそうな感じでした。

 近くのお店でお土産を物色がてら休憩して後にしました。

コメント