八坂神社 コース・参拝所要時間・御朱印 ~素戔嗚尊と牛頭天王で厄除~

【読み方:やさかじんじゃ】京都府京都市 神社

 今回は、八坂神社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の5つ目の行先になります。 

 知恩院の三門を背にして円山公園内を通っていくと八坂神社の西楼門へと出てきます。ちなみに中を通っていけば東手の入り口もあります。円山公園の中は初めて通りましたが、食事処がたくさんあって立ち寄ってみたいなと思いながらもインバウンドの効果かアジアの方が多く気後れしてしまいました。

 西楼門から入ると、出店があって賑やかでした。中では特に祭事があるような感じもなかったですが、普段からでしょうか。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.6.14)

     大阪   ⇒ 三条    京阪
 
9:25 三条   ⇒ 平安神宮  徒歩
  9:40 平安神宮
10:00 平安神宮 ⇒ 南禅寺   徒歩
10:15 南禅寺
10:35 南禅寺  ⇒ 青蓮院門跡 徒歩
11:35 青蓮院門跡
11:50 青蓮院門跡⇒ 知恩院   徒歩
12:05 知恩院
12:30 知恩院  ⇒ 八坂神社  徒歩

12:40 八坂神社     今回の記事

13:05 八坂神社 ⇒ 建仁寺   徒歩
13:15 建仁寺
14:05 建仁寺  ⇒ 七条    徒歩
14:40 七条   ⇒ 大阪    京阪

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  素戔嗚尊(スサノヲノミコト)
  櫛稲田姫命(クシイナダヒメノミコト)
  八柱御子神(ヤハシラノミコガミ)
   無病息災、厄除のご利益
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  京阪 祇園四条 徒歩7分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  
15分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり
  
サイズ:大判(約18cm×12cm)タイプ。
〇境内図

八坂神社

 昔は祇園社(祇園の祇は「ネ氏」と書きますが変換で出ません)と称していたようですが、慶応四年(明治元年への変わり年)に名称が変更されたようです。その名残で周辺は祇園と呼ばれ、催事が祇園祭と祇園が残っているようです。

 日ユ同祖論とかもあり都市伝説好きな方であれば大変興味深い神社ではないでしょうか。祇園祭の山鉾の図柄などは明らかに外国のことが描かれており、これは!と思われるのではないでしょうか。山鉾自体の形もなんだかあちらの帽子の形にも似ているように思います。

 人混みは疲れるのであまり行きたくない私なので、行ってみたいとは思うのですが、普段でさえ八坂神社周辺などは人が多いのに祭となればなおさら多くとても行く気力が湧いてきません。もう少し年を取って、時間のゆとりなどができれば宵山など見てみたいものです。

御朱印、御朱印帳

八坂神社 御朱印 祇園社
八坂神社 御朱印 祇園社
八坂神社 御朱印 祇園社
八坂神社 御朱印 祇園社
八坂神社 御朱印帳

コメント