太郎坊阿賀神社 コース・参拝所要時間・御朱印 ~勝ち運が上がるように参拝しました~

太郎坊阿賀神社
太郎坊阿賀神社

【読み方:たろうぼうあがじんじゃ】滋賀県東近江市 神社

 今回は、太郎坊阿賀神社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の4つ目の行先になります。

 八日市に着いていざ!と思いましたが、基本的な最寄駅ではないせいか案内板とか見つけることができませんでした。

 地図を頼りに行きましたが、真逆の方向にしばらく進んでしまいました…。大幅に逸れた訳ではないので、時間のロスはほとんどなかったです。

 車道の脇を通る道なので、車に気をつけながら黙々と進みました。途中、バス停の案内板みたいなのを発見しました。タクシーが時間運行するようで、予約が必要みたいです。運行時間的には今回合わないし、予約もしていなかったので利用できませんでしたが、アクセス手段の1つとして検討してみてはいかがでしょうか?

八日市からの道
八日市からの道

 立派な小学校の横を歩いていると前方の山の中腹に何やら施設が立っているのが目に入りました。近代的な感じでしたので、新興宗教の施設かなと思っていたら、太郎坊宮の参集殿でした。こんな遠くから見えると思っていなかったので、後に分かってなるほどと1人納得していました。

 長命寺、観音正寺での徒歩の疲れが相当あって、いつ着くのか、いつ着くのか、と心が折れそうになりながら歩きました。着いたー!と思ったら、長命寺ほどではないですが、そこそこの上り階段があって、無心になりました。

 この行程は余りおススメはしません。どこか減らしたりして、サッと行ってサッと帰るような行程がいいかもしれません。車だと何も気にしなくていいかもしれないと思います。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(R1.8.13)

    大阪     ⇒ 近江八幡   JR
  9:27 近江八幡     ⇒ 近江八幡駅前 徒歩
  9:30 近江八幡駅前 ⇒ 長命寺    西鉄バス
  9:52 長命寺
10:50 長命寺    ⇒ 近江八幡駅前 西鉄バス
11:18 近江八幡   ⇒ 能登川    JR
11:45 能登川    ⇒ 観音正寺口  西鉄バス
11:56 観音正寺口  ⇒ 結神社    徒歩
12:00 結神社
12:04 結神社    ⇒ 観音正寺   徒歩
12:28 観音正寺
13:03 観音正寺   ⇒ 観音正寺口  徒歩
13:26 観音正寺口  ⇒ 八日市    西鉄バス
13:40 八日市    ⇒ 太郎坊宮   徒歩

14:00 太郎坊宮     今回の記事

14:50 太郎坊宮   ⇒ 太郎坊宮前  徒歩
15:14 太郎坊宮前  ⇒ 大阪     近江鉄道

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  正哉吾勝勝速日天忍穂耳命
  (まさかあかつかちはやひあめのおしほみみのおおかみ)
    勝運招福のご利益
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  近江鉄道 太郎坊宮前から徒歩10分ほど
  近江鉄道 八日市から徒歩20分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  45分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり 4種類 2000円
  サイズ:小判(約16cm×11cm)
  1種類 4000円
  サイズ:大判(約18cm×12cm)
〇境内図

太郎坊阿賀神社

赤神山
赤神山

 二の鳥居をくぐって進んでいく途中、太郎坊宮の方を見てみると緑の中に1か所ぽつんと茶色の部分があり気になりました。まじまじと眺めていると、ふと狐の顔に見えました。稲荷社ではないので狐とは関係がないとは思いますが。みなさんはどのように見えますか。ひょっとしたら天狗の顔かもしれませんが。

 宮へと続く階段下に到着して上を見上げると、少しくじけそうになりました。最初の階段は短くて少し上ると成願寺があります。

 そこからの階段がずーっと長く続いています。いつものような感じでの参拝なら、さほどつらく感じなかったかと思いますが、今回はハードな行程を組んでしまっていたので結構つらかったです。すべて初めての場所だったので、単純に交通アクセスだけで組んでいました。次に来るときにはもう少し考慮した行程を組みたいと思います。

 話がそれましたが、階段を上ると参集殿にまず行きつきます。立派な建物で、こちらで御朱印をいただくことができます。そこからさらに上がっていきます。途中には、赤神山へのハイキングコースの入り口があったり、義経が座ったと伝わる腰掛石があったりします。

上がりきった所で大きな岩の場所に行きつきます。夫婦岩です。下から見たきつねに見えたところがこちらになるのかと思います。人が1人通るくらいの間隔で絶妙な割れ方をしています。そして、岩の間を抜けると太郎坊宮があります。

太郎坊阿賀神社
太郎坊阿賀神社

 太郎坊宮は急斜面に石垣を重ねた上にあります。はるか昔にこんな岩肌の場所に建てられたということに偉大さを感じます。私は高いところが怖い方なのでこんな場所で、今のような設備がない中で造られているということが素晴らしいことだと感じました。

 参拝を済ませてそのまま直進して階段を下りていきます。途中途中に七福神の石像があるので見つけながら参拝するのも楽しいかと思います。福助の石像もありました。ぐるっと回るようになっており、参集殿に戻ってきます。

御朱印

太郎坊阿賀神社 御朱印 太郎坊宮
太郎坊阿賀神社 御朱印 太郎坊宮
太郎坊阿賀神社 御朱印 阿賀神社
太郎坊阿賀神社 御朱印 阿賀神社

コメント