談山神社 コース・参拝所要時間・御朱印 ~四季折々に映える社~

【読み方:たんざんじんじゃ】奈良県桜井市 神社

談山神社
談山神社

 今回は、談山神社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の2つ目の行先になります。

 室生寺に行きたいと思いプランを組みましたが、周辺に神社仏閣があまり見当たらず思案していたところ談山神社を見つけました。行ったことがなく時間配分的にも丁度いい具合に行程を組めるので決めました。

 桜井駅まで一旦戻って行きましたが、参拝者の数はあまり多く感じませんでした。丁度みんな座れるくらいといった感じです。紅葉シーズンからは少しずれていたので、そのせいかもしれません。帰りに思ったのですが、駐車場も広く、車で来ている人が多くいらっしゃるのかと思います。シーズンには渋滞がすごいことが明らかなくらいです。バスも巻き込まれるかと思うので注意が必要だと思います。 

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H28.10.23)

    大阪    ⇒ 室生口大野 近鉄電車
10:20 室生口大野 ⇒ 室生寺   奈良交通バス
10:45 室生寺
12:05 昼食
12:50 室生寺   ⇒ 室生口大野 奈良交通バス
13:20 室生口大野 ⇒ 桜井    近鉄電車
13:45 桜井    ⇒ 談山神社  奈良交通バス

14:20 談山神社      今回の記事

15:20 談山神社  ⇒ 桜井    奈良交通バス
15:52 桜井    ⇒ 大阪    近鉄電車

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  藤原鎌足公(ふじわらのかまたり)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  奈良交通バス 談山神社から徒歩7分ほど
〇拝観料
  600円
○参拝所要時間
  30分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり
  サイズは失念しました。
〇境内図

談山神社

 バス停からそこそこ歩いて行くと土産物屋や軽食のお店が軒を連ねていて、賑わいを見せていました。確か焼き餅だったと思うのですが、店先で焼いていて釣られて購入しましたがとてもおいしかったです。

 拝観料を支払い中に入ると、境内は少し城塞のような感じを受けました。本殿までは一直線に階段が伸びていますが、途中途中で左右に道が拓けていて、他の社殿などに行けるようになっています。その社殿からも上下に行けて繋がっていたりもします。

 階段の正面ではなく右手に拝殿があり、入って左手に本殿があるといったジグザグな配置のイメージです。拝殿の周囲は回廊になっており、山が少し赤みがかって見応えのある景色でした。シーズンで山一面が真っ赤になっているかと思うと人出の多さにも納得です。

本殿
本殿

 本殿は朱を基調として色とりどりに彩色されていてしばらく眺めていたいくらいです。ですが拝殿からの窓口がそんなに広くないので、次の方たちがいらっしゃるのでそこそこで退散しました。

 ぐるっと周囲を回って、滝や談山神社の発祥ともいえる十三重塔などを観て帰路に着きました。十三重塔はよくある石塔ではなくしっかりとした木造の建物で、五重塔に比べるとサイズは小さいですが、十三重に裳階が重ねられていて圧巻です。

 バスの途上、聖林寺近くにバス停があり降りるかどうか迷ってしまいましたが、時間の都合上断念しました。

御朱印

談山神社 御朱印 談山明神
談山神社 御朱印 談山明神

コメント