単伝庵 御朱印 ~らくがき寺へらくがきをしに~

単伝庵 らくがき寺
単伝庵 らくがき寺

【読み方:たんでんあん】京都府八幡市 寺

 今回は、単伝庵についてブログりたいと思います。以下に示す行程の2つ目の行先になります。

 前回は、八幡市駅から石清水八幡宮を参拝してから参拝道を歩いて下っていくコースにしましたが、拝観時間を知らなかったのでバタついてしまいました(以下の拝観料で示しています)。

安居橋
安居橋

 八幡市駅から石清水祭の舞台ともなっている安居橋(あんごばし)を越えて道なりに真っすぐ突き進むと行き当たります。広めの道路に出ますので左手に飛行神社を見ることができます。さらに住宅地を抜けていくことになります。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H31.3.2)

    大阪     ⇒ 中書島   京阪電車
  9:24 中書島   ⇒ 城南宮東口 京阪バス
  9:45 城南宮東口 ⇒ 城南宮   徒歩
  9:50 城南宮、庭園
10:35 城南宮   ⇒ 城南宮東口 徒歩
10:49 城南宮東口 ⇒ 中書島   市バス
11:18 中書島   ⇒ 八幡市   京阪電車
11:30 昼食 朝日屋
12:00 八幡市駅  ⇒ 単伝庵   徒歩

12:15 単伝庵      今回の記事

12:30 単伝庵   ⇒ 飛行神社  徒歩
12:35 飛行神社
13:00 飛行神社  ⇒ 男山ケーブル  徒歩
13:30 八幡市   ⇒ 男山山上  ケーブル
13:35 男山山上  ⇒ 石清水八幡宮 徒歩
14:00 石清水八幡宮
14:30 男山山上  ⇒ 八幡市   ケーブル
14:35 八幡市   ⇒ 走井餅   徒歩
14:45 走井餅
15:30 一之鳥居  ⇒ 石清水社、松花堂
15:50 石清水社  ⇒ 八幡市駅  徒歩
16:09 八幡市   ⇒ 大阪    京阪電車 

宇治伏見1Dayチケットというものがあります。
お得で便利だと思います。宇治方面に観光に行かれる際にはぜひ検討したいお得チケットです。条件はこちらの城南宮のページをご覧ください。
提携している神社仏閣やお店などの特典や割引もありますので要チェックです!

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  救世観音
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  京阪 八幡市駅から徒歩15分ほど
〇拝観料(土日は9時~15時)
  あり 100円
○参拝所要時間
  15分ぐらい。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  
なさそうです。
〇境内図

らくがき寺

 通称らくがき寺といわれています。本堂である大黒堂の内部の壁にお願い事を書き込むようになっています。

らくがき お願い事
らくがき お願い事

 らくがき祈願をする場合には、300円を納めます。そしてらくがきをするための木枠が置いていますのでその枠内でお願い事を書くようにします。木枠の横には氏名住所を書く用紙が置いてありますので記入して置いておきます。そうすると誕生日に合わせてお便りを送ってくださいます。

 前回参拝した時にはハガキのことは知らなかったので、届いた時にはすばらしい!と感動しました。

 らくがきされた壁は1年ごとに塗り替えられているそうです。前回(5月)よりも塗り替えた時から早い時期に行ったためか、らくがきスペースはそこそこ残っていました。

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

大黒堂

大黒堂
大黒堂

 入ると中はうす暗く感じるかと思いますが、らくがき寺といわれるだけあって願い事があちらこちらに書かれています。

 正面には走り大黒が祀られています。走り大黒といえば泉涌寺の別院、雲龍院の走り大黒を思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大きさや彫刻は別物ですので違った趣を感じることができるかと思います。大黒様といえば袋をしょってどっかりと座っているイメージを持たれると思いますが、こちらの大黒様は走る姿をされています。走ることで人を追い越し商売繁盛につながるというご利益があるということです。

 向かって右手には三国志で有名な関羽像が祀られています。

 走り大黒の左手には八面臂弁財天像が祀られていて、柔和な顔だちに見とれてしまいます。弁財天像で八面臂というのが珍しいと思います。

 細やかな彫刻が施された珍しい仏像を間近に拝観できるので大変価値があると思います。

御朱印、御朱印帳

 こちらは書き置きの御朱印でした。

 前回訪れたときに時間が遅くて御朱印をいただけなかったので、今回はと思い予定を入れ替えました。呼び鈴を押して立派なひな飾りを見ながら待っていると奥から出てきてくださいました。(横に犬がいるので吠えるかもしれません)

 御朱印帳をと渡そうとしたら、待ってくださいと奥に入って行かれました。書き手さんがいないのでいただけないかもと待っていると手に持っているのは書き置きでした。

単伝庵 御朱印 走り大黒
単伝庵 御朱印 走り大黒

コメント