素盞嗚神社 コース・参拝所要時間・御朱印 ~甲子園脇で阪神優勝祈願!?~

素盞嗚神社
素盞嗚神社

【読み方:すさのおじんじゃ】兵庫県西宮市 神社

 今回は、素盞嗚神社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。

 甲子園に行くので以前から気になっていた素盞嗚神社に行ってきました。甲子園の守り神のようなイメージがついていますが、甲子園ができるよりもはるか前に建てられており白砂清松の神社だったそうです。甲子園球場のすぐ脇なので他の神社と違い、今日のような試合がある日は応援の声などが境内にまで轟々と鳴り響いていました。

 時代時代に合わせて神社仏閣というのも変貌を遂げていくものなのだと感じました。良い悪いというのではなく、こういったこともあるべき姿なのだと思います。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(R1.5.12)

    大阪    ⇒ 甲子園   阪神電車
13:33 甲子園   ⇒ 素盞嗚神社 徒歩

13:40 素盞嗚神社     今回の記事

13:55 素盞嗚神社 ⇒ 甲子園球場 徒歩
14:05 甲子園球場
17:15 甲子園   ⇒ 大阪    阪神電車

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  素盞嗚命(すさのおのみこと)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  阪神 甲子園から徒歩7分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  
10分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
 
 あり(2,000円)
  
本殿と夢のモニュメントがデザインされていました。
  
サイズ:大判(約18cm×12cm)タイプ。
〇境内図

素盞嗚神社

夢 モニュメント
夢 モニュメント
素盞嗚神社 本殿

素盞嗚神社 本殿

 甲子園の南西に位置しています。今は工事中のようで境内の半分は何もない更地の状態でした。鳥居をくぐって入ると手水舎があり脇には夢のボールのモニュメントがあります。そして立派な本殿が鎮座されています。

野球塚
野球塚

 脇には野球塚と彫られた石碑が建てられています。その前にはバッターボックスがかたどられた敷石があります(写真を撮れていませんでした)。周りにはびっしりとボール形の絵馬が掛けられており、野球人の願いの聖地となっていることがうかがい知れます。

車止め
車止め

 神社脇の歩道をよく見ると野球にゆかりがあるためか、車止めの上の部分がボールの形になっていました。町全体が野球を盛り立てていこうとしていてまさに甲子園は野球の聖地だと感じました。

甲子園球場

甲子園球場
甲子園球場

 参拝した後は甲子園球場にて、阪神―中日戦を見ました。私は参拝したと言いましてもお願い事は家族の健康・安全ですので、阪神の勝敗については全く触れていません。その結果かわかりませんが、2-5で負けてしまいました。ですが、観戦席が迫力ある場所で楽しめたので良かったと思います。

 どこの球場もそうなのかはわかりませんが、この日の入場者には帽子がプレゼントされていました。とても暑かったのですぐに被って阪神の応援をしました。普通に良い帽子なので、こういった入場者への感謝デーはありがたいです。

 甲子園に行くときには、飲み物・タオル・いす用クッション(100均)・帽子があれば快適に観戦できるかと思います。銀傘がない場所は直射日光にさらされるので相当な暑さになりますので、ご注意ください。

御朱印

素盞嗚神社 御朱印
素盞嗚神社 御朱印

コメント