新薬師寺 コース・参拝所要時間・御朱印 ~浮かび上がる薬師如来と十二神将像~

【読み方:しんやくしじ】奈良県奈良市 寺

 今回は、新薬師寺についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の4つ目の行先になります。

 東大寺や春日大社から外れたところにあるためか、人がまばらでした。周りは田畑が広がっておりまさに田園風景です。東大寺や春日大社や奈良公園の賑わいから見ると全くの別世界に来たような錯覚に陥ります。

 駅からも思った以上に遠くにあるため帰りは途中でバス停を見つけたので乗って帰りました。帰る途中に塔頭の案内が出ていたのですが、これ以上歩く気力体力ともなくなっておりすんなりと帰りました。家に帰ってから塔頭の場所を調べてみるとバス停のすぐ裏でした。行っておけばよかったと後悔しました・・・。ですが、もう一度新薬師寺に参拝して立ち寄りなさいというきっかけをいただいたと思い、また計画したいと思います。白毫寺も参拝したことがないので併せて計画したいと思います。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.5.31)

      大阪   ⇒ 奈良   JR
  9:15 奈良   ⇒ 興福寺  徒歩
  9:30 興福寺
10:30 興福寺  ⇒ 東大寺  徒歩
11:30 昼食
12:30 東大寺
14:00 東大寺  ⇒ 春日大社 徒歩
14:15 春日大社
14:45 春日大社 ⇒ 新薬師寺 徒歩

15:00 新薬師寺      今回の記事

15:30 新薬師寺 ⇒ JR奈良 バス+徒歩

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  JR 奈良駅から徒歩30分ほど
  近鉄 奈良駅から徒歩40分ほど
   駅からバスでの移動をおすすめします。
〇拝観料
  600円
○参拝所要時間
  30
分ぐらい。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
 
 失念しました。
〇境内図

新薬師寺

 ほの暗い本堂の中に入ると中央の薬師如来を囲むように十二神将が周囲ににらみを利かせている姿が浮かび上がっています。お堂の中は本当に暗く十二神将の周りにライトが設置してあり明るさを保っています。

 この暗さが良いと感じました。暗い中、他の参拝者も気にならず別世界にいるかのように一人静かに無心になれるかと思います。

 本堂向かって左手にはちょっとした庭園もありますので、そちらをぐるっと散策してみるのも良いかもしれません。

御朱印、御朱印帳

新薬師寺 御朱印 薬師如来
新薬師寺 御朱印 薬師如来

コメント