龍王院(脳天大神) 御朱印 ~行者の地で頭へのご利益~

龍王院
龍王院

【読み方:りゅうおういん】奈良県吉野郡 寺

 今回は、龍王院についてブログりたいと思います。脳天大神(のうてんおおかみ)龍王院となっています。前日に参拝したばかりなので今回の旅程はかなりの早足となっています。

 私は、脳天大神という名前とお堂の雰囲気から最初は神社かと思ってしまっていましたが、よくよく確認すると寺社であることが分かりました。この日はたまたま御朱印をスタートさせて金峯山寺の御朱印帳に吉野の神社仏閣の御朱印を全ていただくぞ!と単純にこだわりもなく意気込んでいたので良かったです。今は御朱印帳を分けたり自分なりのこだわりなども出てきたところですので、最初の頃で良かったです。

 話を戻しまして、蔵王院からこちらに行くまでの道は結構なきつさがあります。階段はあるのですが、少し急で距離もそこそこあります。下りはよいのですが、上りが厳しいかもしれません。途中で東屋があったりもしますので休憩をとりながら行くのも良いかもしれません。

 記事はざっくりとしか書いていません。この頃はブログなどは考えていなかったので写真などはほとんどありませんのでご容赦ください。では、以下に示す行程になります。

 先日、吉野山の15社寺の御朱印を全ていただけたので、こちらの記事にてご紹介しています。よろしければご覧ください。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.5.11)

   大阪     ⇒ 吉野     近鉄電車
 9:20 千本口    ⇒ 吉野山    ロープウェイ
 9:25 吉野山    ⇒ 金峯山寺   徒歩
 9:35 金峯山寺
 9:45 金峯山寺   ⇒ 龍王院    徒歩

 9:55 龍王院      👈 今回の記事

10:10 龍王院    ⇒ 吉水神社   徒歩
10:25 吉水神社
10:35 吉水神社   ⇒ 大日寺    徒歩
10:38 大日寺
10:50 大日寺    ⇒ 善福寺    徒歩
11:00 善福寺
11:05 善福寺    ⇒ 喜蔵院    徒歩
11:08 喜蔵院
11:20 喜蔵院    ⇒ 桜本坊    徒歩
11:23 桜本坊
11:40 桜本坊    ⇒ 竹林院    徒歩
11:43 竹林院
11:55 竹林院    ⇒ 奥千本口   バス
12:10 金峯神社
12:15 金峯神社   ⇒ 吉野水分神社 徒歩
12:35 吉野水分神社
12:45 吉野水分神社 ⇒ 如意輪寺  徒歩、昼食
13:20 如意輪寺
13:30 如意輪寺   ⇒ 吉野神宮   徒歩
14:20 吉野神宮(休憩)
14:50 吉野神宮   ⇒ 吉野神宮前  徒歩
15:14 吉野神宮前  ⇒ 大阪     近鉄電車

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  脳天大神(のうてんおおかみ)
   首から上の神様(頭の病気回復、学業のご利益)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  蔵王堂から徒歩10~20分ほど
〇拝観料
  なし。
○参拝所要時間
  20分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂社末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  
なかったかと思います。
〇境内図

本堂

 蔵王堂からの道を下りたところの左手に僧坊兼休憩所のような建物があり、右手に池があります。池の手前には水かけ仏像が何体かいらっしゃいました。

 僧坊兼休憩所の横を抜けていったところに本堂があります。
 少し薄暗い中で脳天大神がお祀りされています。ご真言は柱に掲示されていますので、そちらを見て唱えることができます。

 脳天大神は首から上に対してのご利益を授けてくださるとのことです。そのためか、本堂を出たところにある廊下のような絵馬かけの場所には、合格祈願や病気平癒などのお願いが書かれている絵馬がたくさんかけられています。絵馬かけの場所はとても雰囲気のある場所で、佇んでいると不思議な気持ちになりました。
 その絵馬かけの場所を抜けるとお社があり、手前に蛙の阿吽像が1対あります。狛蛙というのでしょうか?知識不足ですみません。お堂の中には岩から掘りぬいたと思われる仏像が役行者など3体祀られています。後ろには大きな巨石があり、色は銅のような感じなのですが継ぎ目が分かりにくいので掘りぬいたと感じました。

境内

 僧坊兼休憩所の建物に授与所があり、そちらで御朱印をいただくことができます。記憶があいまいで申し訳ないですが、御朱印をいただいたときにゆで卵をちょうだいしました。休憩所には、お塩やセルフのお茶も用意されており、長い階段を下ってくたびれた体を休めることができますので、大変ありがたいです。帰りは、考えるとちょっと帰るのをためらってしまうほどですので、ここで一息ついていくのもいいかもしれません。

 脳天大神が元は蛇の姿をしていたことから、蛇の好物!?である卵がいただけるみたいです。また、脳天大神にお供えする用の卵は別に授与所にて提供されています。

御朱印

龍王院 御朱印
龍王院 御朱印

コメント