蓮華王院 三十三間堂 コース・参拝所要時間・御朱印 ~圧倒的な国宝群が目の前に押し寄せます~

蓮華王院
蓮華王院

【読み方:れんげおういん さんじゅうさんげんどう】京都府京都市 寺

 今回は、蓮華王院 三十三間堂についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の1つ目の行先になります。

 実際の名称は蓮華王院となっています。その中の御堂が三十三間あることから三十三間堂との名前が定着しているそうです。

 こちらは撮影が禁止ということで、外観以外の写真が全くありません。といってもこの時あたりは私自身、写真を撮っていませんでしたのでそもそもありません。参拝者は外国の方が多いイメージで、早い時間帯ですと混雑していないかと思います。道を挟んで向かいには京都国立博物館があり、そちらに向かわれる方も多いです。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H28.6.12)

    大阪    ⇒ 七条    京阪電車
  9:08 七条    ⇒ 三十三間堂 徒歩

  9:15 三十三間堂       今回の記事

10:00 三十三間堂 ⇒ 智積院   徒歩
10:10 智積院
11:10 智積院   ⇒ 清水寺   徒歩
11:40 清水寺
13:00 昼食
13:50 清水寺   ⇒ 六道珍皇寺 徒歩
14:05 六道珍皇寺
14:35 六道珍皇寺 ⇒ 六波羅蜜寺 徒歩
14:40 六波羅蜜寺
15:15 六波羅蜜寺 ⇒ 清水五条  徒歩
    清水五条  ⇒ 大阪    京阪電車

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  十一面千手千限観世音
 (じゅういちめんせんじゅせんげんかんぜおん)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  京阪電車 七条駅から徒歩7分ほど
〇拝観料
  600円
○参拝所要時間
  40分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり
  サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプ。
〇境内図

蓮華王院

 受付は入りやすく、お堂の横に設けられているのではないかと思います。本来はお堂の正面に門がありますのでそちらから入っていたのかもしれません。

 お堂は横に長く、入るとズラッと1000体の観音像が端から端まで安置されています。ハッと息をのむほどの壮観な眺めです。1000体の観音像の1体は自分の顔に似た像や懐かしい人の面影があるとのことでしたが、1体1体じっくりと観察する時間がなく、簡単に見ただけでしたが見つけることはできませんでした。1000体の観音像だけではなく、中央には存在感を一際放っている国宝の仏像が坐しています。十一面千手千限観世音です。また、前列には国宝の二十八部衆像や風神雷神像などがあり、眺めているだけで半日くらいは過ごすことができるかもしれません。

 庭の回遊式というのかよくわかりませんが、ぐるりと回りながら、お堂をいろいろな角度から眺めることができます。開扉されていると、また違った景色となるのだと思います。

南大門
南大門

 もし智積院へと行かれる際はせっかくなので奥から回って、南大門を見てから行かれるのも良いかと思います。受付から出るとそのままバス通りを通っていくかと思いますが、ちょっと奥に入ると東大門を横に見て南大門へと行きつきます。壮大な造りの中に繊細な意匠が凝らされている箇所もあるので、ご覧になってはいかがでしょうか。

御朱印

蓮華王院 御朱印 大悲殿
蓮華王院 御朱印 大悲殿
三十三間堂 御影
三十三間堂 御影

コメント