大神神社 コース・参拝所要時間・御朱印 ~大和國一之宮、三輪山のご神徳を授かりに~

大神神社
大神神社

【読み方:おおみわじんじゃ】奈良県桜井市 神社

 今回は、大神神社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の1つ目の行先になります。

 御朱印を始めてから次はどこに参拝しようかと考えたときに、大神神社のことを思い出しました。大和の国一之宮というとで御朱印をいただきたいと思いました。また、大神神社には登拝というものがあると伺っていました。また、山上のことについては口外厳禁ということで登拝しない限りは、山上がどういったものかうかがい知れないということが気になっていました。下世話ですが、一度見てみたいという衝動に駆られて参拝することを決めました。

 行ってみて分かったのですが、正しくは大神神社からの参拝は三輪山をご神体としての参拝です。登拝については狭井神社からとなっていますのでご注意ください。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.5.17)

※このコースは私1人でサッと回っています。
    大阪    ⇒ 三輪    JR
  9:40 三輪    ⇒ 大神神社  徒歩

  9:50 大神神社    今回の記事

10:05 大神神社  ⇒ 狭井神社  徒歩
10:10 狭井神社
11:00 狭井神社  ⇒ 久延彦神社 徒歩
11:05 久延彦神社
11:15 久延彦神社 ⇒ 三輪 徒歩
12:03 三輪    ⇒ 長谷寺    JR,近鉄電車
12:19 長谷寺
12:30 長谷寺、法起院
13:10 法起院   ⇒ 長谷寺   徒歩
13:20 長谷寺   ⇒ 大阪    近鉄電車

スケジュール・行程・コース(H29.10.1)

    大阪    ⇒ 三輪    JR
  9:40 三輪    ⇒ 大神神社  徒歩

  9:50 大神神社    今回の記事

10:05 大神神社  ⇒ 狭井神社  徒歩
10:10 狭井神社
11:30 狭井神社  ⇒ 久延彦神社 徒歩
11:40 久延彦神社
11:50 久延彦神社 ⇒ 大神神社前 徒歩
12:00 昼食
13:03 三輪    ⇒ 大阪    JR

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  大物主大神(おおものぬしのおおかみ)
   人間生活の守護神
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  JR 三輪 徒歩10分ほど
〇拝観料
  なし(宝物収蔵庫は200円大人)
○参拝所要時間
  15分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
 
 あり
  
サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプ。
〇境内図

大神神社

 三輪駅を出てまっすぐ進み、しばらくしてから右手に折れて名物の三輪そうめんを出す食堂やお土産屋のある路地を通っていきます。そうすると二之鳥居に続く道に出ます。後ろに一之鳥居があります。

 大きな社名碑を過ぎていくとまず祓戸社がありますので、まずそこで身を清めてから参拝されることをおすすめします。凛とした雰囲気があり青々とした爽快な緑の中を進んでいくと、拝殿への階段があり身が引き締まっていく印象がありました。

 階段を上ると雄大な拝殿が目の前に広がっています。その奥にはご神体と拝殿を区切る大神神社特有の三輪鳥居(三ツ鳥居)という鳥居が3つくっついたような鳥居が立っています。

 宝物収蔵庫もあります。そちらは200円の拝観料が必要です。スペースとしてはそんなに広くはないかもしれませんが、大神神社ゆかりの宝物が展示されているのでご覧になるのも良いかもしれません。私が拝観した時は貸し切り状態でゆったりとみることができました。

撫で兎

 拝殿の左手に参集殿があります。そこの玄関を入ったところにあるので、ためらってしまいそうですが中に入ってみてください。するとピカピカの兎がお出迎えしてくれます。そこには撫で兎の説明書きがありますので、ご神助を得るために撫でてみてください。

御朱印、御朱印帳

大神神社 御朱印
大神神社 御朱印
大神神社 御朱印
大神神社 御朱印
大神神社 御朱印帳
大神神社 御朱印帳

コメント