根来寺 コース・参拝所要時間・御朱印 ~こんなところに国宝が!?~

根来寺 鐘楼門
根来寺 鐘楼門

【読み方:ねごろじ】和歌山県岩出市 寺

 今回は、についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の5つ目の行先になります。

 西国三十三所の 金剛宝寺(紀三井寺) や粉河寺を回ろうと思い色々と調べているとバイクで回るのが回りやすいと思い決めました。で、せっかく和歌山まで行くので他に参拝できるところはないかと欲張りな思いを出して調べていると、国宝がある根来寺がルート上で行くことができると思い参拝しました。

 地図では行きやすそうでしたが、実際のところ金剛宝寺(紀三井寺)からの道のりがかなりありました。見知らぬ土地でバイクなのでナビも使わず道を何度も確認しながらだったので乗っていた時間以上に体感時間は長く感じましたが、ようやく到着しました。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H30.11.25)

   大阪    ⇒ 紀州東照宮
  8:50 紀州東照宮
  9:18 紀州東照宮 ⇒ 和歌浦天満宮
  9:20 和歌浦天満宮
  9:35 和歌浦天満宮⇒ 鹽竈神社、玉津島神社
  9:40 鹽竈神社、玉津島神社
10:00 玉津島神社 ⇒ 金剛宝寺
10:10 金剛宝寺(紀三井寺)
10:50 金剛宝寺  ⇒ 根来寺

11:50 根来寺    今回の記事

12:40 根来寺   ⇒ 粉河寺
13:10 粉河寺
13:40 粉河寺   ⇒ 施福寺
14:40 施福寺
15;40 施福寺   ⇒ 大阪

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  大日如来(だいにちにょらい)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  和歌山バス 根来寺から徒歩1分ほど
〇拝観料
  入山料 500円
○参拝所要時間
  
50分ほど。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  
確かあったように思います。
〇境内図

根来寺

 境内はとても広いと言いますか、お堂は固まって建築されていますが、大門だけが結構離れたところに建築されています。大門は通り過ぎる方が多いようでした。鐘楼門そばに駐車場があり、食事をとったりお土産を買える道の駅のようなお店がありました。

 鐘楼門手前に受付がありますので、入山料を支払い鐘楼門をくぐるとまず目の前に光明殿が見えます。勘違いしてしまいそうですが、こちらは本堂ではなく上人を祀っているお堂です。本堂は門をくぐって右手に行くと大塔が見えてきますので、大塔の方に行き大塔の右手にあります。大伝法堂です。途中でスッと奥まで伸びる参道があるのですが、そちらは上人の墓所である奥之院に続く参道となっています。

 通常から開扉されているかと思いますが、私が行った時には一番奥にあるせいか人が少なく独占状態で参拝できました。ご本尊が脇侍仏と並んでおり、思った以上に大きさがあるので大迫力でした。

大塔

大塔

 先ほどの大伝法堂の手前に国宝の大塔があります。かなり大きな塔で名前の通りだと感じます。

 中に入ることができました。靴を脱いで内に入ると荘厳な雰囲気で、仏像が曼荼羅を描くかのように配置されていると感じました。色も鮮やかで心奪われる光景です。

名勝庭園

 寺務所から庭園の拝観もできますので、お時間にご都合がつくなら行かれることをおすすめします。回廊式になっており境内の広さもさることながら庭園も広く作られており見応えがあると思います。

 庭園の各所に意匠が凝らされており、見飽きません。

 一つ難点は確か、他の庭園のように縁側で座ってじっくり見るという感じではなく、部屋の中に座って眺めるという具合なところでしょうか。

御朱印

根来寺 御朱印 大日如来
根来寺 御朱印 大日如来

コメント