南禅寺 コース・参拝所要時間・御朱印 ~和洋建築が相まった禅寺~

【読み方:なんぜんじ】京都府京都市 寺

 今回は、南禅寺についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の2つ目の行先になります。

 平安神宮からは歩いていきましたが、上り坂になっているのでそこそこ疲労感が出てきますので、庭園で一休みするのも良いかもしれません。拝観料がかかりますが・・・。バスの活用も良いと思います。

 室町時代には京都五山別格として隆盛を誇っていた寺院になります。境内は粛然としており、手入れが行き届いております。色々と写真を撮ったはずが見当たらず文章のみのご紹介となります。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.6.14)

     大阪   ⇒ 三条    京阪
 
9:25 三条   ⇒ 平安神宮  徒歩
  9:40 平安神宮
10:00 平安神宮 ⇒ 南禅寺   徒歩

10:15 南禅寺     今回の記事

10:35 南禅寺  ⇒ 青蓮院門跡 徒歩
11:35 青蓮院門跡
11:50 青蓮院門跡⇒ 知恩院   徒歩
12:05 知恩院
12:30 知恩院  ⇒ 八坂神社  徒歩
12:40 八坂神社
13:05 八坂神社 ⇒ 建仁寺   徒歩
13:15 建仁寺
14:05 建仁寺  ⇒ 七条    徒歩
14:40 七条   ⇒ 大阪    京阪

御本尊(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御本尊
  釈迦如来(しゃかにょらい)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  京都市営地下鉄 蹴上駅から徒歩4分ほど
〇拝観料
  なし
  方丈、庭園500円
○参拝所要時間
  
30分ぐらい。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
 
 あり
  
サイズ:大判(約18cm×12cm)タイプ。
〇境内図

南禅寺

 琵琶湖疏水が見えてくると参道へと続きます。湯豆腐が有名なので両脇には湯豆腐を提供するお店が立ち並んでいます。そして、寺門を抜けると三門が見えてきます。こちらは確か登壇料が必要だったと思いますが、上がることができたと思います。上ってみて京都の街並みを臨んでみるのも良いかもしれません。

 そのまま進むと法堂が見えてきます。その前に右手には金地院があります。私が中学高校の時の歴史で、金地院崇伝という僧の名前を習って悪者っぽい印象を受けました。徳川家康の下、禁中並公家諸法度(きんちゅうならびにくげしょはっと)☜言いたいだけです・・・。を起草したりして、黒衣の宰相と呼ばれたということからマイナスイメージを受けたのかもしれません。

 話はそれましたが、法堂で参拝した後は右手に行くと本坊があり、こちらが庭園と方丈、さらには御朱印の受付窓口となっています。本坊を素通りしてさらに進むと、皆さまお待ちかね!?の水路閣が見えてきます。琵琶湖からの水がここまで流れてきているということで驚きです。正直、え!?こんなので運んでるの?とびっくりしましたが、上に登って流れを見ると結構な勢いで水が流れ込んできています。京都の水不足を補うために、南禅寺境内を通ることを当時の住職が認められ当時の設計士の方が景観を損なわないようにデザインされた歴史と実益ある施設です。と、いい話の腰を折るかのような余談ですが、確か毎年京都市から滋賀県へ2億円ほどを支払っているということです。現実は厳しいです・・・。詳しいことはぜひ南禅寺に行ってみてみてください。

 戻ってきて、方丈と庭園を拝観しました。御朱印帳のデザインにもなっている群虎図をじっくり見たり、無心となって庭園を眺めたりするのも良いと思います。

御朱印

 ※書き置きのみとなっています。御朱印帳を購入すると直書きです。

南禅寺 御朱印 金剛王宝殿
南禅寺 御朱印 金剛王宝殿

コメント