南宮大社 コース・参拝所要時間・御朱印 ~美濃国の一之宮、金運招福を願いました~

南宮大社
南宮大社

【読み方:なんぐうたいしゃ】岐阜県不破郡垂井町 神社

 今回は、南宮大社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の行先になります。

 西国三十三所満願しましたが、今一つ実感が湧かずにバスや電車に揺られて最寄りの垂井駅に到着しました。駅前には特に案内標識も何もなく、地図を頼りに行きました。住宅街で道が入り組んでいるのでわかりづらかったですが、帰りにベストの道を見つけることができました。

 駅を出ると線路沿いに右手に進んでいきます。そうすると踏切の近くに宝篋印塔(ほうきょういんとう)があるのでそこを左に曲がって大きな道路に出るとコンビニエンスストアがあり、そこに南宮大社の大きな道案内の看板が立っています。それを目印に進むと大きな鳥居が見えます。同じ高さくらいに陸橋のようなものが渡されていて、高速道路か何かかなと思っていたら、新幹線の線路でした。何とも不思議な光景でした。

 この日も暑く、周りには徒歩で参拝している方の姿は皆無で少し不安になりながらも進んでいくと南宮大社に到着しました。

 前日の長命寺、観音正寺や太郎坊宮の歩き疲れが残っているのか、結構ばててしまいました。また、岐阜県のJRは混み具合が厳しいと実感しました。岐阜県から愛知県までつながっていて名古屋も通過するせいかわかりませんが、なかなか座るのが大変なくらいでした。また、滋賀も米原から大阪に向かうJRは混んでいるので行かれる際は、帰りはちょっとつらいかもと心づもりをしておくと気がまぎれるかもしれません。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(R1.8.17~18)

●17日
    大阪     ⇒ 敦賀   JR
11:16 敦賀    ⇒ 氣比神宮  徒歩
11:30 氣比神宮
11:57 氣比神宮  ⇒ 敦賀    徒歩
12:23 敦賀    ⇒ 多賀大社前 JR
14:54 多賀大社前 ⇒ 多賀大社  徒歩
15:03 多賀大社
15:40 多賀大社  ⇒ 多賀大社前 徒歩
14:25 多賀大社前 ⇒ 大垣    JR
18:00 チェックイン

●18日
  9:11 大垣   ⇒ 谷汲口  樽井鉄道
10:00 谷汲口  ⇒ 谷汲山  名阪近鉄バス
10:07 谷汲山  ⇒ 華厳寺  徒歩
10:15 華厳寺
11:12 華厳寺  ⇒ 谷汲山  徒歩
11:47 谷汲山  ⇒ 揖斐駅  名阪近鉄バス
12:25 揖斐   ⇒ 垂井   養老鉄道
13:22 垂井   ⇒ 南宮大社 徒歩

13:40 南宮大社    今回の記事

13:52 南宮大社 ⇒ 垂井   徒歩
14:18 垂井   ⇒ 大阪   JR

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  金山彦大神(かなやまひこのおおみかみ)
   破魔除災、金運招福のご利益
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  JR 垂井から徒歩20分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  10分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  確認忘れました
〇境内図

南宮大社

 到着すると駐車場を挟んで遠くに楼門が見えます。その前にはそり橋がありますが渡ることができませんでした。楼門をくぐると高舞殿があり、その向こうに拝殿、本殿と続いています。

 関ヶ原の戦いで戦火にあいましたが、江戸時代に再建されているそうです。廻廊に囲まれた空気感は凛としています。

拝殿
拝殿

 御祭神の金山彦大神は天照大神の兄神にあたる神様で、古代から崇敬を受けている由緒ある神社です。そして、一之宮として、金の神の総本宮として鎮座されているそうです。

御朱印

南宮大社 御朱印
南宮大社 御朱印

コメント