真清田神社 御朱印 ~尾張一之宮を訪ねて、名物も食べて~

真清田神社
真清田神社

【読み方:ますみだじんじゃ】愛知県一宮市 神社

 今回は、真清田神社についてブログりたいと思います。以下に示す行程1日目の2つ目の行先になります。プラス大神神社とぴよりん饅頭のこともブログりたいと思います。

 メインはリニア・鉄道館だったのですが、1泊するので神社仏閣はぜひ行きたいと思っていました。熱田神宮は行くとして時間的に行けるのはもう1か所くらいかなと、大須観音と迷いました。大須観音の方が近いのですが、せっかくの一之宮と宿泊先に近いということで真清田神社と大神神社に行くことに決めました。

 熱田神宮を参拝してからの昼食はせっかくの名古屋なのでひつまぶしを食べようと意気込んでいましたが、あつた蓬莱軒さんは待ち時間があったのでパスしました。念のために候補として挙げていた真清田神社前の辰悦さんに行きました。待ち時間もなく入ることができたのでよかったです。

 いざ初ひつまぶし!ということでいただきましたが、大変おいしくいただきました。そんなにウナギを食べているわけではないですが、今まで食べたことがない味わいで大満足でした。(お値段はそれ相応いたしますが・・・)

 そして、アクセスについて地図上からシュミレーションしていたのですが、真清田神社と大神神社は双方、駅から結構な距離を歩いた感覚でした。やはり全く土地勘がなく不安感も手伝って長く感じたのかもしれませんが、できるだけバス等を使うのがよいと思いました。

 帰りは、真清田神社を出て右手にバス停があるのですが、その近くにタクシーの待合があります。そちらに直通受話器があるので、受付の人に配車を頼むことができます。駅まででも2メーター分くらいはあったと思います。

スポンサーリンク

行程・旅程・コース(H30.12.22)

 ●1日目
  8:40 新大阪⇒名古屋⇒金山⇒伝馬町 新幹線+JR
10:10 熱田神宮
10:56 伝馬町⇒ 金山⇒ 尾張一宮 JR
11:50 昼食(辰悦)
12:30 真清田神社     今回の記事
13:00 真清田神社 ⇒ 大神神社  タクシー
13:20 大神神社+公園
14:30 大神神社  ⇒ 名鉄一宮  徒歩
15:00 名鉄一宮  ⇒ 名鉄名古屋 名鉄
15:30 Kitte名古屋
16:13 名鉄名古屋 ⇒ 犬山遊園  名鉄
17:00 名鉄犬山ホテル

●2日目
  8:21 犬山遊園⇒名鉄名古屋⇒金城ふ頭 名鉄+JR
10:00 リニア・鉄道館
13:46 金城ふ頭 ⇒ 名古屋 JR
15:33 名古屋  ⇒ 新大阪 新幹線

概要(御祭神、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図)

○御祭神
  天火明命(あめのほあかりのみこと)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います
  JR 尾張一宮・名鉄 名鉄一宮 徒歩20分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  20分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂社末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり
  サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプ
  別に一之宮御朱印帳も頒布されています。
〇境内図

真清田神社

 商店街からまっすぐに一本道につながっています。そして鳥居を抜けると確か石橋があったように記憶しています(修繕中か何かで渡れませんでした)。そうすると立派な楼門が出迎えてくれます。

 清く澄んだ水による水田が由来となって名付けられたとのことですが、周辺は街となっており田畑の面影を見ることはできなかったです。

神水舎

 本殿向かって左手にあります。
 こちらのお水は飲むことができる水です。写真をとっておらず記憶だけなので記憶があいまいです。水を飲む場所の横に井戸があり、覗き込んで顔が映っているのを見ながらお祈りをするみたいです。
 その後ろに子宝のご利益がある神宝もありました。

御朱印

真清田神社 御朱印
真清田神社 御朱印

服織神社

【読み方:はとりじんじゃ】愛知県一宮市

 今回のメインがリニア・鉄道館だったので、神社の方はあまり下調べをしていませんでした。真清田神社で参拝後に境内を見渡すと服織神社の石碑を見つけました。

 その横に神社の紹介をした看板が掲げられていたので見てみると、織姫に由来があるということが書かれていましたかと思います。  こちらの御朱印は真清田神社社務所でいただけたみたいで、その時の私はすっかりその意識が欠けていました。次来た時には必ずちょうだいしたいと思います。 ed0 Grid

大神神社

【読み方:おおみわじんじゃ】愛知県一宮市 

大神神社 拝殿
大神神社 拝殿

 こちらも尾張國一之宮ということで参拝いたしました。奈良県の大神神社と関りがあるようです。拝殿の紋は三本杉があしらわれていました。

 事前に調べて、宮司さんは常駐していないということは分かっていたのですが、拝殿には「本日御朱印受け付けます」といった貼り紙がありました。社務所らしきところには自転車が置かれていて、これは幸運に恵まれた!と思ったのですが、呼び鈴を押しても出てこられる気配がなかったので、辞去いたしました。ですので、御朱印はいただいていません。

 行きは真清田神社からタクシーで来ました。その時から結構遠いかもと思っていましたが、帰りはタクシーも通りかかる気配もなく呼ぶのもめんどうに感じて歩いて駅へ向かいました。いざ歩いてみるとこれがまたかなりの遠さで、途中で後悔しました。

名古屋名物

 せっかくの名古屋ですので、名古屋の名物をいただこうと色々と事前にしらべていました。その中で選んだのは、1日目のかえる饅頭と2日目のぴよりんでした。

かえる饅頭
かえる饅頭

 かえる饅頭は、お風呂入りバージョンを食べたいと思いKitte名古屋に行きました。饅頭自体はお土産としてグランドキヨスクなど取り扱い場所は多くあるのですが、お風呂(ミルクアイス)入りのものは、喫茶の併設されたKitte名古屋にしかないみたいなので向かいました。

欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中
Kitte名古屋
Kitte名古屋

 名古屋駅から結構歩きました。また、慣れない土地での地下通路でしたので少し迷いながらようやくたどり着けました。かわいらしい装いで、おいしくいただきました。座席は6つほどしかありませんが、運よく座れました。お店向かいの休憩スペースでもいただくことはできるみたいでしたが、そちらは全く空きがありませんでした(座席についてはお店にご確認ください)。

ぴよりん
ぴよりん

 ぴよりんは、かわいらしい小鳥を模したケーキです。こちらは名古屋駅構内にお店があってそちらで召し上がれます。こちらはマクドナルドスタイルのお店ですので、席に座っても注文伺いはありません。ぴよりんと飲み物を頼み、とっておいた席についてゆっくりと食べましたが、意外にも周りの方はほとんどがランチセットを注文されていて、ぴよりんを食べていたのはほんの一握りの人だけでした。

 この時はクリスマスバージョンのぴよりんしか扱っていないとのことでした。色々と季節に合わせた取り扱いがあるのだなと思いながら、かわいそうですが豪快に顔からいただきました。こちらもおいしくいただきました。

コメント