生國魂神社 御朱印 ~60年に1度の干支御朱印をいただきに~

生國玉神社
生國玉神社

【読み方:いくくにたまじんじゃ 通称:いくたまさん】大阪府大阪市 神社

 今回は、生國魂神社についてブログりたいと思います。以下に示す行程の2つ目の行先になります。

 今日は鉄道博2019に行ってから生國魂神社に参拝しました。
 鉄道博2019は、一言でいえばカオス・・・もう会場をのぞけば人人人・・・大人から子供までもう人で埋め尽くされていました。私は11:00頃に着いたのですが、お目当ての鉄道弁当は入口に売り切れの文字が・・・やはり!といった感じですね。10:00の開館の時にまっさきに並ぶくらいでないと買えないかもしれませんね。

鉄道博2019
鉄道博2019

 正直な感想としましては人混みがあまり得意ではない私としましては、 今回でおなかいっぱいになったといったところです。 全体的に体験するには待ちが長いということ(整理券を12時頃にとると15時の回ですと伝えられました・・・)と、ゲージやプラレールを眺める(プラレールは自分のものを走らせることができました)ことがメインとなっており、周りは販売ブースがあるといった状態なのが私の思うところと違っていたということです。

 鉄道好きな人にすれば眺めるのがいいということだと思いますが、単純に親子で子供が鉄道好きで連れていくとかいった場合には入場料800円を払って、中で鉄道グッズを買うというのが私にはハードルが高いイベントに感じました(遊園地と思えばいいかもしれません)。

 と、前置きが本来の目的よりも長くなってしまいましたが、鉄道博から生國魂神社に参拝しました。初詣の3が日あたりは参拝の列が立て看板以上に並ぶので今日にしました。周りはホテル街といった珍しい立地ですので初めて行かれる方はちょっと戸惑うかもしれません。

生國魂神社 参道
生國魂神社 参道
スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H31.1.13)

    自宅     ⇒ 大阪ビジネスパーク 大阪メトロ
10:13 大阪ビジネスパーク ⇒ 円形ホール   徒歩 遠回り
11:10 円形ホール   ⇒ 昼食      徒歩
12:20 昼食        ⇒ 大阪ビジネスパーク 徒歩
13:08 大阪ビジネスパーク ⇒ 谷町九丁目   大阪メトロ
13:29 谷町九丁目   ⇒ 生國魂神社   徒歩

13:35 生國魂神社     今回の記事

14:11 谷町九丁目     ⇒ 自宅

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  生島大神(いくしまのおおかみ)
  
足島大神(たるしまのおおかみ)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  
大阪メトロ 谷町九丁目 徒歩5分ほど
〇拝観料
 
 なし
○参拝所要時間
  
20分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂社末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
 
 あり(種類は失念しました)
  
サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプ。
〇境内図

生國魂神社

 こちらでは、江戸時代に上方落語の始祖である米澤彦八が活躍した地でもあり、その活躍を称えて年に1度彦八まつりという落語の催しが行われているようです。江戸時代から大阪の人が落語を聞きに伺った神社でもあるので、地域の人には大変なじみがある神社だったと思います。ですので、通称の「いくたまさん」という呼び方が定着しているのではないでしょうか。

 谷町九丁目は昔から馴染みのある土地でしたが、ここに神社があるということは全く知りませんでした。近くには高津宮や堀越神社、四天王寺などたくさんの神社仏閣がある土地で、神社仏閣巡りをするには徒歩でゆっくりといける最適の土地です。その中で、ふと立ち寄ってみたくなる神社です。

 余談ですが、かなり昔にここの道路で飲酒検問を受けた記憶が残っています。その時は免許取得後の初めて路上運転でいきなりの検問だったので頭がぼーっとしていました。それもあって懐かしい気持ちになります。ちょうど傍に派出所があるので今でも行われているのかもしれません。

干支御朱印

 何度か参拝しているのですが、今日参拝した理由は1年の内1月だけ授与される干支御朱印をいただくためです。干支といいましてもこちらの干支は十二支だけではなく十干も含めた年回りでの御朱印です。そのため60年に一度の限定とも言えます。

 並ぶことは事前に分かっていたので1週間近くずらしたのですが、それでも着いた時には御朱印帳を渡すのには人が少なかったのですが、御朱印帳の受け取りには30人ほどの人が待っているような状態でした。御朱印帳をお預けして待つ間、拝殿に向かって右手に進んでいくと奥に摂社があるのでそちらにお参りしました。最奥の方に鴫野社という女性にご利益があるお社の近くに、占いが行われていました(行った日は日曜でしたが、他日行った日にはなかったので曜日や日にちが関係あるかもしれません)。

 摂社をいくつか参拝して、ぐるっとお庭を回って戻ってきた(5分位)のですが、まだ御朱印帳は返っておりませんでした。ですが、御朱印帳を渡す列はかなり伸びていて20人程が並んでいる状態でした。受け取り待ちの人も20人程いた感じでした。それからは特設ブースの前で10分位待って、御朱印帳を受け取り神社を後にしました。

平成31年干支御朱印
平成31年干支御朱印
平成30年干支御朱印
平成30年干支御朱印
平成29年干支御朱印
平成29年干支御朱印

御朱印

御朱印
御朱印

コメント