伊太祁曾神社 コース・参拝所要時間・御朱印 ~紀伊國一之宮巡りの2つ目~

伊太祁曾神社
伊太祁曾神社

【読み方:いだきそじんじゃ】和歌山県和歌山市 神社

 今回は、伊太祁曾神社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の行先になります。

 和歌山県一之宮巡りの2つ目の神社です。丹生都比売神社から、信号もほとんどない道をのんびりと気持ちよく走っていきました。近づくにつれ町になっていくので、道に気を付けながら進みました。途中、和歌山電鉄の線路と並走しながら、伊太祁曽神社に到着しました。

 一の鳥居横の駐車場にバイクを止めて、上り坂を少し行くと拝殿などが見えてきます。人は少なく私ぐらいしかいなくて贅沢な感じでした。和歌山電鉄の駅からすぐ近くにあるので交通機関でのアクセスはしやすそうです。そのまま、また電車に乗って竈山神社、また電車に乗って日前神社・國懸神社に、といった感じです。大阪からだと和歌山に行くまでに時間がかかるのでちょっと厳しい感じもします。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H28.8.11)

  8:20 大阪        ⇒ 丹生都比賣神社
10:20 丹生都比賣神社
10:40 丹生都比賣神社   ⇒ 伊太祁曽神社

11:40 伊太祁曽神社     今回の記事

12:00 伊太祁曽神社    ⇒ 竃山神社
12:20 竈山神社
12:30 竈山神社      ⇒ 日前神宮・國懸神宮
12:40 日前神宮・國懸神宮
13:00 日前神宮・國懸神宮 ⇒ 大鳥神社
15:00 大鳥神社
15:20 大鳥神社      ⇒ 大阪

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  五十猛命(いたけるのみこと)
  大屋津比売命(おおやつひめのみこと)
  都麻津比売命(つまつひめのみこと)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  和歌山電鉄 伊太祈曽駅から徒歩5分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  25分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  確認していません
〇境内図

伊太祁曾神社

この奥に拝殿
この奥に拝殿

 鳥居から拝殿へと向かう途中に左手に古墳へと続く道がありました。境内は広く、右手の手前のほうに拝殿と本殿があります。階段を上ると階段の上りきった所に門のような屋根のような建物があります。こちらの片側は休憩所のようになっており、木の俣くぐりがあります。大きな穴なので大人の方でもそんなに苦労せずくぐることができると思います。

 もう一方は木彫りの干支が置かれていました。確かテレビでも見た記憶があるのですが、チェーンソーでの一刀彫の作品だったかと思います。

 門を抜けると拝殿が広がっています。その奥に本殿があります。参拝を済ませて本殿向かって左手に、おさる石があります。猿の頭の形をした石があり、首から上の病にご利益があるそうです。そのまま階段を下りると社務所があり、その前を通ってまっすぐに行くと、奥の方には御井社がありました。水が湧き出ていて飲めるようでしたが、ほとんど人影がありませんでした。いのちの水と呼ばれているそうです。

 一通り境内を歩いて参拝を終えて、次の竈山神社へと向かいました。

御朱印

伊太祁曾神社 御朱印
伊太祁曾神社 御朱印

コメント