日吉大社 コース・参拝所要時間・御朱印 ~山王総本宮、方除・厄除のご利益を~

日吉大社
日吉大社

【読み方:ひよしたいしゃ】滋賀県大津市 神社

 今回は、日吉大社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の3つ目の行先になります。

 以前に来た時には比叡山とこちらの日吉大社に来るつもりだったのですが、近江神宮を途中に入れたことと、比叡山があまりにも広大で行く場所が多く、時間が無くなってしまいました。それから、いつかは日吉大社と日吉東照宮には来ようと決めていたので、西国巡礼と併せて訪れました。

 早速、日吉大社の記事となるかもしれませんが、その前に芙蓉園についてブログります。こちらの御店は、名物のゆば重があります。前回来た時においしかったので今回もぜひともと思い再訪しました。こちらは、ゆば重だけでなく庭園も見所となっております。庭園だけの拝観が可能で300円となっています。

 こちらには映画で撮影されたという洞穴があり、まさに抜け穴といった感じですが、ぐるりと築山の中を回るといった造りとなっています。食事を待つ間にこちらの洞穴に入ったり庭園を散歩したりできます。

 食事が来てからは、ゆば重に舌鼓を打ち、穏やかな庭園を眺めながら、目もお腹も満腹にして、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

 こちらの芙蓉園を出るとすぐに、日吉大社の朱の鳥居が見えます。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H31.4.7)

    大阪    ⇒ 三井寺   京阪電車
  9:50 三井寺   ⇒ 三尾神社  徒歩
10:00 三尾神社
10:18 三尾神社  ⇒ 園城寺    徒歩
10:20 園城寺(三井寺)
10:55 園城寺   ⇒ 京阪三井寺  徒歩
11:08 三井寺   ⇒ 坂本比叡山口 徒歩
11:23 比叡山口  ⇒ 芙蓉園    徒歩

11:30 芙蓉園      今回の記事

12:23 芙蓉園   ⇒ 日吉大社   徒歩

12:25 日吉大社     今回の記事

13:15 日吉大社  ⇒ 日吉東照宮  徒歩
13:20 日吉東照宮
13:35 日吉東照宮 ⇒ 比叡山口   徒歩
13:50 坂本    ⇒ 比叡山坂本  京阪バス

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  東本宮:大山咋神(おおやまくいのかみ)
  西本宮:大己貴神(おおなむちのかみ)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  京阪電車 坂本比叡山口から徒歩8分ほど
〇拝観料
  300円
○参拝所要時間
  
50分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
  
奥宮まで行くと+1時間以上かかりそうです
〇御朱印帳
 
 あり 2種類 値段は失念しました。
  
サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプ。
〇境内図

日吉大社

 こちらは境内に東西で本宮が2つある珍しい神社だと思います。阿吽像のような感じなのでしょうか。ちょっと似た感じだと和歌山県の日前神宮・國懸神宮があると思います。日前神宮・國懸神宮は1つの境内に2つの一之宮があるという珍しい神社です。こちらは別記事でアップしますので、よろしければご覧ください。

 東と西とどちらから参るとかはなさげですが、坂本比叡山口からくると自然と西本宮から参拝するルートになるかと思います。朱の鳥居をくぐるとすぐに参拝受付がありますので、拝観料を支払います。

西本宮

山王鳥居
山王鳥居

 大宮橋を渡ってしばらくすると、有名な頭が三角の鳥居が見えてきます。山王鳥居です。日吉大社ならではの鳥居とのことです。東に向かうと東日本の神々を、西にむかうと西日本の神々を拝することができるそうです。

神猿
神猿

 山王鳥居を過ぎ、参道を歩いて行くと、ふと檻が目につきました。何だろうと気になって覗きに行くと、檻の中には猿がいました。日吉大社では神猿(まさる)といい「魔が去る、勝る」ということで縁起の良い、神の使いとされています。かわいいですが、餌やりは禁止です。

西本宮 楼門
西本宮 楼門
西本宮 本殿
西本宮 本殿

 そして、ようやく西本宮の楼門が見えてきました。屋根の四隅は神猿さんが支えとなって鎮座されています。楼門をぐぐると拝殿があり、その奥に国宝である本殿がまします。私の感想はキレイということです。部屋が汚い綺麗といった意味ではなく、伝えられないもどかしさがありますが、キレイだったのです。

東本宮

 西本宮の裏手からぐるっと回っていくと東本宮へと続く参道があります。東本宮までは摂末社があり、奥宮へと続く道があります。今回は時間の都合により行っていません。

東本宮 本殿
東本宮 本殿

 東本宮の楼門に到着し、中に入ります。こちらの楼門には神猿はいないようでした。ぐるっと本宮内を一回りして参拝を終えました。こちらの東本宮の本殿も国宝となっています。西本宮と比べて建物がギュッと詰まっているような感じでした。

猿の霊石
猿の霊石

 東本宮の楼門を出て少しすると、猿の霊石がありますのでお礼を述べ、そのまま次に予定していた日吉東照宮へと続く道を歩いて行き、日吉大社を後にしました。

御朱印

御朱印は西本宮と東本宮でいただくことができますが、東本宮では西本宮の御朱印はいただけませんので、西本宮に参拝した際にはそちらで西本宮の御朱印をいただいておかないといけません。

日吉大社 御朱印
日吉大社 御朱印
日吉大社 御朱印 西本宮
日吉大社 御朱印 西本宮
日吉大社 御朱印 東本宮
日吉大社 御朱印 東本宮

コメント