姫嶋神社 御朱印 ~やりなおし、再スタートをきるために~

姫島神社 本殿
姫島神社 本殿

【読み方:ひめじまじんじゃ】大阪府大阪市 神社

 今回は、姫嶋神社についてブログりたいと思います。以下に示す行程の1つ目の行先になります。

 元々はこの日、家にこもっているつもりでしたが、急に出かけることになってしまいました。何の予定もなかったのでどうしようかと着替えながら考えていたところ、ふと姫嶋神社に参拝したいと思っていたことを思い出して、伺うことにしました。

 今までなかなか行かなかったのは、参拝する行程を立てにくかったのもあってそのままになっていました。ですが、出発時間が遅くなっていたので出かけ先も絞られるなと思っていたところ、ふと思い立ちました。姫嶋神社だけの参拝で十分にいい感じだなと出かけました。

 また、阪神電車に乗るということも目的としていたので良いお出かけになりました。阪神電車のカラーリングは色々とあるので、阪急であればマルーン、近鉄であれば赤と主観ではありますが、他の電鉄と比べるとイメージカラーというのはないのかなと気になりました。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H31.2.10)

    大阪    ⇒ 姫島     阪神電車
11:21 姫島    ⇒ 姫嶋神社   徒歩 +迷子

11:35 姫嶋神社   今回の記事

11:55 姫嶋神社  ⇒ 公園     徒歩
12:00 公園    ⇒ 昼食     徒歩
12:20 昼食
13:04 姫島    ⇒ 西長堀    徒歩
13:20 西長堀   ⇒ 土佐稲荷神社 徒歩
13:25 土佐稲荷神社
13:43 公園
14:13 西長堀    ⇒ 大阪    大阪メトロ

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  阿迦留姫命(あかるひめのみこと)
   決断と行動の神様(再スタートのご利益)
  住吉大神(すみよしのおおかみ)
  神功皇后(じんぐうこうごう)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  阪神 姫島 徒歩10分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  20分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 (参拝速度は早目で摂社末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり(2種類)
  サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプかと思います。
〇境内図

姫嶋神社

 こちらの神社は以前から気になっていました。それというのもご利益が「決断と行動」というところです。また、やりなおし神社といわれており、新しいスタートを切るきっかけをくださる神社ということで、私自身ブログを心機一転始めたこともあり、そのご利益にあやかりたいと思います。

姫島神社
姫島神社

 境内を見渡すと、女性の参拝者の方の姿が多いように見受けられました。阿迦留姫命(あかるひめのみこと)が女性の神様であるためかもしれません。

 で、さっそく鳥居をくぐっていくと左手に手水舎があり、その奥にひときわ目立つ場所が飛び込んできます。はじまりの碑とよばれるものみたいです。それを左手に見送りながら、さらにまっすぐ進むと本殿があります。ブログが順調にいきますようにとお願いをすると、ふと右手に風車がいくつも並んでいるのが目につきました。

 そして、本殿を背にして左前には、京都の茶店とかにあるような大きな傘と朱の毛氈が敷かれた腰掛ベンチがあり、1つの撮影スポットになっているように見受けられました。

風のお供え

 先ほどの風車が並んでいた場所が「風のお供え」場所のようです。本殿の賽銭箱横に設けられています。風車がいくつも並んでいて、その前に台とうちわと説明書きを置いてくださっています。

 阿迦留姫命(あかるひめのみこと)が海を渡り姫島の地にたどり着いたのは、良い風に恵まれたからであるということだそうです。それに由来して風を貴ぶということにつながったようです。
 そして、風をお供えすることにより自分に新しい風を呼び込む、または想いを伝えるということにつながっているみたいです。ですが、風は感じることはできても見ることができないものなので、その一助として風車を設置されているようです。参拝者は風車が回って風を感じることができます。
粋な計らいであると同時に、参拝者への思いやりを感じることができます。

 今回、私は財布を出そうかとすぐに頭に浮かびましたが、ちょっと恥ずかしさを感じてしまい携帯電話を置いて風をお供えいたしました。携帯電話を通じて、新しい情報などを手に入れ、さらに携帯電話を通じて新しいつながりを持つことができればと想いを込めました。

風のお供え
風のお供え

はじまりの碑

 白砂が敷かれた敷地の4つ角に貝の絵馬がたくさん掛けられていて、その中心に穴の空いた石碑が建てられている神域があり、大変興味を引かれることかと思います。

 私自身も今まで見たこともない不思議な神域なので、どういったものなのだろうと思いましたが、周辺には神域の説明は見つけることができませんでした。家に帰って公式ホームページを拝見すると、スタートを切るために断ち切りたいことを封じ込めるための願掛けを行う場所だそうです。

はじまりの碑
はじまりの碑

 300円を納めて貝の絵馬に断ち切りたいことを書き、その願いを断ち玉と呼ばれる赤い玉に込めます。そして、先ほどお伝えした真ん中に穴の空いた「はじまりの碑」の穴に通り抜けるまで投げ通すとのことです。見事投げ通れば貝の絵馬を掛けるみたいです。
 今度、参拝した時には願掛けをしてみたいです。

御朱印

 いただいていおりません。土曜、日曜、ついたちまいりの時は直書きを行っていないみたいです。
 ついたちまいりは元々直書きはなかったようですが、土日曜日の変更はここ最近に決められたことのようで、残念でした。また、機会があれば平日に伺えればと思います。

コメント