平安神宮 コース・参拝所要時間・御朱印 ~四神に護られし王城の地(言い回しがくどい!?)~

【読み方:へいあんじんぐう】京都府京都市 神社

 今回は、平安神宮についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の1つ目の行先になります。

 かなりの早足で歩いているので相当早めの参拝になっています。しかも昼食も取らずに回っていますので過酷なことはこの上ないです。

 三条から歩いて平安神宮はそんなに大したことはないだろうと思って行ったのですが、意外と距離があり着くまでに歩き疲れてしまう方もいるかもしれません。これはしんどいなと思っていたところに道路の案内標識が見えてホッとしました。案内標識のある所を左に折れると大きな鳥居が見えたのは良いのですが、神宮はさらに先にあり、そこそこまだ歩く距離があると肩透かしを受けたように感じました。

 平安神宮は京の中心として、東に八坂神社・西に松尾大社・南に城南宮・北に賀茂別雷(上賀茂)神社といった一線級の神社を守護神として配されている、まさに平安の地です。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.6.14)

     大阪   ⇒ 三条    京阪
 
9:25 三条   ⇒ 平安神宮  徒歩

  9:40 平安神宮     今回の記事

10:00 平安神宮 ⇒ 南禅寺   徒歩
10:15 南禅寺
10:35 南禅寺  ⇒ 青蓮院門跡 徒歩
11:35 青蓮院門跡
11:50 青蓮院門跡⇒ 知恩院   徒歩
12:05 知恩院
12:30 知恩院  ⇒ 八坂神社  徒歩
12:40 八坂神社
13:05 八坂神社 ⇒ 建仁寺   徒歩
13:15 建仁寺
14:05 建仁寺  ⇒ 七条    徒歩
14:40 七条   ⇒ 大阪    京阪

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  桓武天皇(かんむてんのう)
  孝明天皇(こうめいてんのう)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  京阪 三条 徒歩15分ほど
  三条からバスを使うのも良いかと思います
〇拝観料
  なし
  平安神宮神苑は600円
○参拝所要時間
  
15分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
 
(参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり
  
サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプ。
〇境内図

平安神宮

 綺麗な朱の応天門をくぐり一歩境内に入るとざっと目の前に広々とした空間が広がります。この時は応天門前は工事中で雑多な感じでしたが、境内は対照的に凛とした空気が漂っていました。一段高いところに龍尾壇というこれまた朱が冴える柵があり左右に階段があります。

 階段を上がると左右に蒼龍楼と白虎楼が構えており、参拝者を囲むように回廊でつながっており、その奥に大極殿があります。前も後ろも右も左も朱色に囲まれて、これぞ京都!といった雰囲気を味わうことができるのではないでしょうか。

 写真がないのが心残りですが・・・。いずれまた参拝した時に撮影してアップできればと思います。

御朱印、御朱印帳

平安神宮 御朱印

平安神宮 御朱印
平安神宮 御朱印帳
平安神宮 御朱印帳

四神の御朱印がそろいましたので、併せてアップしたいと思います。

コメント