伏見稲荷大社 コース・参拝所要時間・御朱印

【読み方:ふしみいなりたいしゃ】京都府京都市 神社

 今回は、伏見稲荷大社についてブログりたいと思います。私が実際に行ってみたコースや参拝所要時間、御朱印などについてご紹介いたします。以下に示す行程の4つ目の行先になります。

最寄り駅は2つありますが、JRの稲荷駅は出ると真ん前に表参道が現れます。鮮やかな朱の鳥居とその後ろにこれまた朱が鮮やかな本殿が目の前に飛び込んできて圧倒されます。帰りは裏参道から帰るとお土産屋さんなどのお店が多いので買い物を楽しんで帰ることができると思います。

 それにしても人の数がすごい多いです。やはり千本鳥居など外国の方に人気なスポットなだけに日本人よりも外国人の方が多いように見受けられました。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H27.8.2)

      大阪    ⇒ 京阪宇治   京阪電車
  9:30 京阪宇治  ⇒ 宇治上神社  徒歩
  9:45 宇治上神社
10:00 宇治上神社 ⇒ 宇治神社   徒歩
10:03 宇治神社
10:20 宇治神社  ⇒ 平等院    徒歩
10:30 平等院
11:20 平等院   ⇒ JR宇治   徒歩
11:30 JR宇治  ⇒ 稲荷     JR
11:40 稲荷    ⇒ 伏見稲荷大社 徒歩
11:50 昼食

12:50 伏見稲荷大社、伏見神宝神社👈今回の記事

14:20 伏見稲荷大社⇒ 大阪     京阪電車

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)
  
 五穀豊穣、殖産興業の神
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います)
  JR 稲荷 徒歩1分ほど
  京阪 伏見稲荷 徒歩4分ほど
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  50
分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
  
奥社奉拝所まで入れています。
  神宝神社を入れると+7分ほど
 (参拝速度は早目で摂末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
 
 あり 
  サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプ。
〇境内図

伏見稲荷大社

 鳥居をくぐると狛狐がお出迎えしてくれます。どこの鎮座していた狐か失念しましたが宝珠をくわえている狐や鍵や巻物をくわえた狐がいます。皆さんが参拝されたときにちょっと探してみてください。

 本殿にて参拝を済ませた後に奥社奉拝所まで行きました。写真などで有名な千本鳥居は奥社奉拝所への参道の途中に現れてきます。想像していた以上に鳥居が続いていて驚きました。写真を撮ったと思っていたのですが、全く残っていませんでした・・・。人が映らないで撮るのは難しいかもしれません。時間や撮影角度によっては可能かなとは思います。

 最初は、御膳谷奉拝所まで行って山上までと思っていたのですが、時間的に厳しかったので三ツ辻まで行ったのですが、そこにあった案内図を見て断念いたしました。そのまま下っていき社務所にて御朱印を拝受して後にしました。

奥社奉拝所

 本殿からこちらまではそこそこの上り道となっています。着くと奉拝所があり広場になっています。奉拝所の手前に社務所がありお守りなどが拝受できます。

 そのまま奉拝所の奥に進むと有名な「おもかる石」が2基あります。こちらも人が多くちょっとした行列になっていました。参拝方法は立て看板に記載されていたと思います。私ももちろんのことやってみましたが、願いがあまりにも俗にまみれているせいか持ち上げてみると予想以上に結構重く感じました・・・。願いはまだまだ叶わないということですね。

伏見神宝神社

 奥社奉拝所から根上がり松へと参道が続いていきますがその途中に右へと逸れていく道があります。そちらを進んでいくと伏見神宝神社があります。確か案内板が出ていたように記憶しています。

 さすがにこちらの方まで来ると人もまばらになっていました。御祭神は、天照大神(あまてらすおおみかみ)です。
 伏見稲荷大社は人が多く賑やかですが、こちらはその喧騒から離れて心静かに参拝する雰囲気が漂っています。龍があちらこちらに祀られています。

御朱印

伏見稲荷大社 御朱印
伏見稲荷大社 御朱印
伏見神宝神社 御朱印
伏見神宝神社 御朱印

コメント