熱田神宮 御朱印 ~パワースポットづくしの1日~

熱田神宮 大楠
熱田神宮 大楠

【読み方:あつたじんぐう】愛知県名古屋市 神社

 今回は、熱田神宮についてブログりたいと思います。以下に示す行程1日目の1つ目の行先になります。

 名古屋といえば熱田神宮とすぐに思いつくほどでしたので、1日目はこちらを中心に行程を立てました。最寄り駅がいくつかあるのですが、正門に近い伝馬町からを考えました。

 駅では熱田神宮への案内板があり、地図を確認することもなく従って歩いて行きました。途中で本当にあっているか不安になりながらもそれらしき敷地が左手に見えてきました。駐車場が開ける場所に到着しました。参拝後に辞去するときに気づきましたが、案内板通りだと東門の方に行ってしまって、正門から遠回りになっていました。自分に対して確認しなかったことに腹立ちました。
 ですが、東門の前にきよめ餅総本家がありましたので、その点ではありのルートなのかもしれません。

 こちらの御朱印は金額が定められておらず、志納料との案内がありました。とりあえず他と同じ300円をお納めして御朱印をいただきました。

スポンサーリンク

スケジュール・行程・コース(H30.12.22)

 ●1日目
  8:40 新大阪⇒名古屋⇒金山⇒伝馬町 新幹線+JR
10:10 熱田神宮     今回の記事
10:56 伝馬町⇒ 金山⇒ 尾張一宮 JR
11:50 昼食(辰悦)
12:30 真清田神社
13:00 真清田神社 ⇒ 大神神社  タクシー
13:20 大神神社+公園
14:30 大神神社  ⇒ 名鉄一宮  徒歩
15:00 名鉄一宮  ⇒ 名鉄名古屋 名鉄
15:30 Kitte名古屋
16:13 名鉄名古屋 ⇒ 犬山遊園  名鉄
17:00 名鉄犬山ホテル

●2日目
  8:21 犬山遊園⇒名鉄名古屋⇒金城ふ頭 名鉄+JR
10:00 リニア・鉄道館
13:46 金城ふ頭 ⇒ 名古屋 JR
15:33 名古屋  ⇒ 新大阪 新幹線

御祭神(ご利益)、交通アクセス、拝観料、参拝所要時間、御朱印帳、境内図

○御祭神
  熱田大神(あつたのおおかみ)
○交通アクセス(主観なのでガイドと違います
  伝馬町 徒歩5分ほど(正門なら)
〇拝観料
  なし
○参拝所要時間
  30分ぐらいです。(御朱印待ち時間は除く)
  70分(じっくり参拝するなら)
 (参拝速度は早目で摂社末社の省略が多いです)
〇御朱印帳
  あり
  サイズ:小判(約16cm×11cm)タイプ
〇境内図

こころの小径

 本殿向かって左手にあります。
 全くと言っていいほど、だれも向かわないので合っているのか戸惑いました。入口は柵があり、時間帯によっては閉鎖されているようでした。本殿をぐるりと囲むように道が続いています。左手からのルートですと、まず初めに一之御前神社(天照大神の荒魂)に参拝できます。一之御前神社への参拝堂前に警備員小屋があるほどの厳粛な場所になっています。

 そのまま道なりに進んでいくと本殿裏に出ます。本殿裏からも拝むことができるので一度は見てみるのも良いかもしれません。不思議なことに一部だけ紅葉が鮮やかになっている箇所がありました。写真を撮りたいと思いましたが、場所柄撮影をするのが憚られると思い撮っていません。

 さらに進むと本殿から外れていき、ちょっとした森のような場所を抜けていくと摂社末社の並ぶ場所に出ます。その中に清水社という摂社があります。階段を下りて奥へと進むと湧水があり、その水で目を洗うと目が良くなるといわれています。
 また、ひしゃくで水すくい、奥の石に三度水をかけてお祈りすると願い事が叶うと言われいてるので挑みましたが、失敗しました。再度参拝してリベンジを果たしたいと思います。

御朱印

熱田神宮 御朱印
熱田神宮 御朱印

コメント